HOME > メディカルヨガ情報

ヨガセラピーにおけるヨガの定義

2017年03月28日 | お知らせ

「ヨガとは心の動きを止めること」
文献としての定義としてはこれが「ヨーガスートラ」によるヨガの定義です。

しかし、これではヨガを学んだことがない方にとっては意味がわからないことでしょう。
しかし、私たちヨガを伝えるものは必ず次のような質問を受けます。
「ヨガとストレッチの違いとは?」「太極拳とどう違うの?」**

また、ヨガに関する臨床試験をスタートする際にも、そもそもヨガをどのようなものと定義するか、ということが必ず問われます。

ヨガは、今この瞬間への意識と深く快適な鼻呼吸を伴った操体法や呼吸法、瞑想法などから成る伝統的な健康法です。今この瞬間への意識と深くゆっくりとした呼吸を伴うことで副交感神経を優位にさせ、心と身体が調和し安定した状態を導きます。

アメリカでヨガが補完統合療法の一つとして「ヨガセラピー」という位置付けて受け入れられ始め、ヨガという手法が心身の健康の回復に役に立つらしいということの裏付け(臨床)の研究が急激に始まりました。その根拠がヨガという操体法にあるのか、呼吸法にあるのか、瞑想法にあるのか、未だに様々な解釈が存在します。

答えはそのいずれもと言われますが、それは操体法も、呼吸法も、瞑想法も、ヨガという定義の前では手法に過ぎないということです。

息さえできればヨガはできる、と言われる所以は、背筋を伸ばして座っている、あるいは横たわったまま、呼吸を行うだけまで、簡略化できることにあります。

ヨガとは生き方の姿勢であり、哲学であり、祈りの姿です。
ヨガは宗教の影響を受けていますが、宗教そのものではありません。
神への祈りの姿はなく、自分やありのままと向き合い、自分やありのままの姿への
感謝、受け入れ、という己の内なる神に仕えるという教えです。

ヨガが本格的に日本に入ってきてから、ずっとヨガの普及を見つめ、発信してきた Yogini 編集長である橋村伸也氏は現代日本におけるヨガをこのように説明しています。

「ヨガの定義:結び – ヨガの語源はサンスクリット語で結ぶ、という意味を持つYuj という言葉」
すなわち、分かれているもの、対立しているものが一つになること。
ヨーガスートラでの定義:心の動きを止めること

普段は外に向き、バラバラになっている五感を呼吸に意識を向けることで、
自分の内へと向けていき、心身と脳が静かになっていく。

それはポーズや、ダンス、仲直り、相互理解、なにをやろうとも「分かれているものが、一つになる」というものはすべてがヨガです。」

その過程が、私たちの自己肯定感や生活環境に好影響を与え、ストレスを緩和するプロセスに注目が集まり、セラピーとしてのヨガの活用に注目が集まり、ヨガセラピーという分野が生まれました。
21世紀、非伝染性疾患が増え、薬や手術でケアできない心身の不調を訴える人が増えてきています。そのような症状において対話や環境が人を元気にすることにも関心が集まっています。

インドで興り、アメリカを経由して全世界に普及したヨガ、今この瞬間の心と体の様子に意識を向けた動き、呼吸、瞑想などの手法を用い、心と身体が調和し安定した状態を心がけるという健康法が、ストレス社会における様々な健康問題の解決に役立てられようとしています。

** ストレッチや太極拳との大きな違いは、ストレッチの狙いが体への効果だけなのに対し、ヨガでは呼吸や、自分の今のあり方、体の感覚などにまで意識を向けます。太極拳との違いは、ともにゆっくりした動きに呼吸を伴わせます。太極拳の目的は、気の巡りを良くし、気功と呼ばれる力を発揮することです。そのために逆腹式呼吸を用います。
ヨガの目的は力を発揮することではなく、むしろ深くゆっくりとした呼吸で心を落ち着け、瞑想状態に入りやすくするためである。無理にポーズをとる必要はなく、立っていても、座っていても、横たわっていても、自分がここにいることを感じ、今に意識を向けていれば良いのです。

(文責:岡部朋子)

生涯現役社会の実現へ:日本医師会、厚生労働省、経済産業省からのメッセージ

2017年03月28日 | お知らせ

(You Tube 説明より)
日本医師会、厚生労働省、経済産業省は、誰もが最期まで自分らしく生ききることができる「生涯現役社会」の実現を目指しています。「生涯現役社会」について、より多くの方々にご理解いただくため、メッセージ動画を作成しました。

いまがいちばん楽しい、と思えること

そのために、ヨガがどんな人にももたらせる時間はありそうです。
昔は良かった、だけでなく、いま生きている実感を。

ヨガセラピーシンポジウムSYTAR2017【Day4】6月18日(日) のプログラム

2017年03月26日 | 協会外主催 講習等
7:00 – 8:00 AM モーニングプラクティス(MPF) セッション 下記より一つ選択

MPSU01 -ヨガセラピスト向けのヨガ(Megan McCarver, MA, C-IAYT, E-RYT 500)
MPSU02 -バランスよく今日を始めよう(Ginger Hooven, AP (MA-Ayur), E-RYT 500, YT, C-IAYT)
MPSU03 -自分の体と仲良くしよう
(Sarah Greco, Phoenix Rising Yoga Therapy Faculty)
MPSU04 -アイソメトリックヨガで、心身を整えよう
(Masayo Kaneko, 
 RN, Yoga Therapist )
MPSU05 – しかばねのポーズ:決して悪いものではない(Jennifer Taylor, MSW)

6:30 – 9:00 AM 朝食(各自)

9:00 AM – 1:00 PM展示会 オープン 

プログラム共通 9:30 – 9:45 AM お祈り
9:45 – 10:15 AMv講演:西洋社会におけるヨガセラピー:  ヨガの哲学と統合医療モデルを結びつけて(Amy Wheeler, PhD, IAYT Board Member | Secretary)
10:15 – 10:20 AM 休憩
10:20 – 11:20 AM 基調講演:私たちの体の中にテーマがある(Nikki Myers, C-IAYT, E-RYT 500, MBA)
11:20 – 11:30 AM 閉会の辞

12:00 – 1:00 PM 昼食(各自)

カンファレンス参加ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/news/1383/

ヨガセラピーシンポジウムSYTAR2017【Day3】6月17日(土) のプログラム

2017年03月26日 | 協会外主催 講習等
7:00 – 8:00 AM モーニングプラクティスセッション 下記より一つ選択

MPS01 -笑ヨガこそ最高の薬だ (Carolyn Keller-Sells,Certified Laughter Yoga Teacher)
MPS02 -バランスを身につけよう
(Linda Sandell, RYT-200; Yoga Therapist 800)
MPS03 -柔軟なお尻作り
(Tim Keim, C-IAYT)
MPS04 -Spanda® Fusion スパンダ・ヒュージョン(Jamie Schmitt, EdD, C-IAYT, C.M.A.,ERYT500)
MPS05 -シャクティとセラピーヨガ
(Ananda Deviika; Ma, MSc,E-RYT 500,Acharya,Yoga Therapist)

7:00 PM 展示会 オープン

プログラム共通
9:15 – 10:15 AM 基調講演:ヨガセラピストとして、ダルマと生きる(Aadil Palkhivala, RYT, ND, CYT, JD
10:45 – 11:15 AM 講演:ボーモント病院におけるヨガセラピー(Veronica Zador, BSc, C-IAYT, E-RYT 500)
11:15 – 11:45 AM 講演:不安と鬱症状へのヨガセラピーの導入:コミュニティクリニックにおいて(Julie Carmen, MA, LMFT, C-IAYT, YTRX with Larry Payne, PhD)

(1)2:00 – 3:45 PM 午後のセッション 下記より一つ選択

TS01 -肩関節の不思議 – 革新的なヨガセラピストアプローチ(Linda Lack, PhD, E-RYT 500 and YTRX)
TS02 -悲しみを癒すヨガ – ヨガセラピストの基礎知識(Antonio Sausys, MA, IGT, CMT, RYT)
TS03 -セルフコントロール:子供たちの気分、行動、対処能力に関する知られていない要素(Shawnee Thornton Hardy,RYT-500, E-RYT, RCYT, Author)
TS04-調気法を再定義する。少ない呼吸数で長生きしよう(Robin Rothenberg, Yoga Therapist)
TS05 -エクササイズという薬、としてのヨガ(Nicole Culos-Reed, PhD)

4:15 – 6:00 PM 下記より一つ選択

TS06 -睡眠について(Aadil Palkhivala, RYT, ND, CYT, JD)
TS07 -女性の更年期を活き活きと生きる(Maria Mendola, RN, MS, E-RYT )
TS08 -老年期に備えて – ヨガセラピストの基礎スキル(Carol Krucoff, C-IAYT, E-RYT)
TS09 -上級者向け椅子ヨガのスキル(Lakshmi Voelker,E-RYT 500, C-IAYT, KYTA, AYC)
TS10 -アーユルヴェーダ的日中の日課「ディナチャルヤ」は健康を維持するために最善の予防薬(Dilip Sarkar, MD, FACS, CAP )

プログラム共通
7:00 – 8:00 PM 夕食会
7:45 – 8:00 PM IAYT 授賞式
8:00 – 9:00 PM イブニング・エンターテイメント

カンファレンス参加ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/news/1383/

ヨガセラピーシンポジウムSYTAR2017【Day2】6月16日(金) のプログラム

2017年03月20日 | 協会外主催 講習等
7:00 – 8:00 AM モーニングプラクティス(MPF) セッション 下記より1つ選択

MPF01 -朝の美しい礼拝  (Lynn Anderson, PhD, C-IAYT, E-RYT, ACE)
MPF02 -Yoga Tune Up® – 筋膜とコア (Laurie Streff, E-RYT 200, YTU-IA)
MPF03 -プロップを正しく使って
(Helena Zera, RN, E-RYT 500)
MPF04 -TriYoga: 呼吸とともに動き、プラーナの癒しの力を感じる(Brahmi Gold-Bernstein, C-IAYT, E-RYT 500)
MPF05 -ADHD への対応力を高めるヨガ (Lorelei Worner-Eisner, OTR/L, Yoga Therapist)

9:00 AM -6:00 PM 展示会 オープン

9:15 – 9:30 AM お祈り

プログラム共通

9:30 – 10:30 AM 基調講演:プラクティスに関する研究 (Nicole Culos-Reed, PhD)
10:45 – 11:15 AM 講演:ヨガセラピーと健康産業の統合にむけて:  臨床研究の役割 (Sat Bir Khalsa, PhD)
11:15 – 11:45 AM 講演:関係性が何より大切: トラウマサバイバーにとって安全な場所を作る(Jenn Turner, MFT, LCSW)

午後のセッション(1) 14:00-15:45 下記より1つ選択

TF01 -睡眠について (Aadil Palkhivala, RYT, ND, CYT, JD)
TF02 -女性の更年期を活き活きと生きる (Maria Mendola, RN, MS, E-RYT)
TF03 -老年期に備えて – ヨガセラピストの基礎スキル(Carol Krucoff, C-IAYT, E-RYT,Kimberly Carson, MPH, C-IAYT, E-RYT)
TF04 – 上級者向け椅子ヨガのスキル(Lakshmi Voelker, E-RYT 500, C-IAYT, KYTA, AYC)
TF05 -大病院における痛みマネジメントのためのヨガセラピー(Veronica Zador, BSc., C-IAYT, E-RYT 500)

午後のセッション(2) 4:15 – 6:00 PM下記より1つ選択

TF06 -魔の三角地帯を安全に飛行する:お尻、PSOAS, 腰 (Linda Lack, PhD, E-RYT 500 and YTRX
)
TF07 -統合されたヨガセラピープログラム, 12のステップで学ぶトラウマヒーリングの身体的経験、再発予防のために
(Nikki Myers, C-IAYT, MBA, SEP, E-RYT500)
TF08 – セルフコントロール:子供たちの気分、行動、対処能力に関する知られていない要素(Shawnee Thornton Hardy, RYT-500, E-RYT, RCYT, Author)
TF09 -調気法を再定義する(Robin Rothenberg, Yoga Therapist)
TF10 -悲しみに向き合うヨガ – ヨガセラピストの基礎知識 (Antonio Sausys, MA, IGT, CMT, RYT)

カンファレンス参加ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/news/1383/