日本ヨガメディカル協会認定

ベーシックプログラムBasic Program

ヨガセラピストを目指す方に
必須の基本プログラム
ヨガセラピストに必要な学びを
体系的に習得していただき
地域の健康増進活動を担う人材を育てます。

ベーシックプログラムで
身につくこと

簡略化されたポーズを伝える実践方法

高齢者やケガ、病気、障害を抱えた方に
ヨガを伝えるスキル
リスクの予測、判断とその対応力

ヨガを伝える際の基本的な応対

ケアの対象となる方とのコミュニケーション力
マナーの理解とマインドフルネスの実践力

日本ヨガメディカル協会認定プログラムの特徴

1

各自のペースで学ぶ

カリキュラム修了までに必要な講座は受講順が自由。お支払いも講座ごとなので都合に合わせて学びやすいスタイルです。
2

質の高い講師陣

世界基準のヨガセラピスト監修の元、豊富な現場経験を持つ現役のヨガセラピストや、各方面のスペシャリストが講座を担当します。
3

アフターフォロー

スキルの安定化のため、修了後もフォローアップ講座の開講など認定取得後も復習、学びを継続する体制があります。
さらに詳しく >>
ベーシックプログラム概要

受講条件qualification

  • (1) 協会の理念に賛同していただける方
  • (2) ヨガ経験者かインストラクター *1、あるいは医療・介護専門職 *2 で、ヨガの良さを自ら体感されてきている方
  • (3) ヨガセラピーの知識を学び、生活や仕事に活かしていきたい方。
  • (4) 日本ヨガメディカル協会の一般会員であること(登録詳細は日本ヨガメディカル協会の公式サイトにてご確認ください
*1 資格の有無は問わず 
*2 ヨガ指導の経験は問わず
ヨガの指導者資格や、
指導経験の有無は問いません
ヨガセラピーは患者さまご本人が健康を志す取り組みに寄りそう行為であり、伝え方を誤ることで健康被害を招く危険性もあります。その認識をしっかりとお持ちいただけることが、指導資格や経験よりも重要な条件となります。
カリキュラムは、医療現場、介護施設などにお勤めの方など、ヨガの指導に携わられていない方にも十分習得できるよう現場に即したヨガの応用を学べる視点で作成されておりますのでご安心ください。

認定条件requirement

最初に受講した講座修了日から5年間で下記対象別に全カリキュラムを修了し、正会員登録手続きを行うこと。

非医療者

  • 講座(受講所要時間 計37.5時間)
  • 課題 (事例レポート提出)
  • AED・CPR講習(各自治体にて)

医療者

  • 講座(受講所要時間 計23.5時間)
    ※医療系講座(医療基礎講座・解剖学)は免除
  • 課題 (事例レポート提出)
一番最後にご提出いただく「課題(事例レポート)」を除き、各講座受講の順番は問いません。
また、レポートのためのプロジェクト実施時期は、認定受講前後を問いません。

ヨガセラピストの学びを深めながら、フィードバックを繰り返すことで、
提供するヨガセラピーの質の向上が得られると期待しています。
是非、早めの実施と長期的な取り組みをお勧めいたします。

カリキュラムcurriculum

各講座の受講申し込みとお支払いは、講座ごととなります。(一括支払いではありません)

講座

各科目1回以上受講していただきます。年間開催数が限られておりますので、ご注意ください。

区分 科目 時間 受講料金 開催回数
【1】基礎講座
ヨガセラピー入門講座~やさしいポーズを教える力をつける~
当協会考案の4枚のカードに分類されたシンプルなヨガを基本とし、専門分野におけるヨガセラピーの知識を学び合い、医療や介護の中でヨガセラピーを導入する際に知っておいた方が良い知識を学びます。
受講時間13時間 受講料金55,000円 開催回数年6回
【2】コミュニケーション
伝える人のためのコミュニケーション講座
医療や介護の現場で、スタッフや患者さんに信頼してもらえるコミュニケーションスキルを学びます。
受講時間3時間 受講料金6,480円 開催回数年2回
【3】マインドフルネス
マインドフルネス講座
仏教文化につながるマインドフルネスをセラピスト自身が実践していけるよう、私たちの生活の身近なことからマインドフルネスの理解を深めます。
受講時間2.5時間 受講料金6,480円 開催回数年2回
【4】倫理
ヨガセラピスト行動ガイドライン①②
IAYT (国際ヨガセラピスト協会) の倫理規定と、日本で活動するにあたってのヨガセラピストとしての職業倫理を理解します。
受講時間①2.5時間+1時間のペアホームワーク
②1.5時間オンライン講座
受講料金①10,800円
②5,400円
開催回数年2回
【5】医療基礎
禁忌と有害事象を学ぶ
情報の整理に優れるという学習効果のあるマインドマップをテキストに、解剖・疾病・機能・症状をつなげてイメージしながら理解を図ります。
受講時間4時間 受講料金10,800円 開催回数年2回
外部講座【6】解剖学
①セラピストの解剖学セミナー 体幹・骨盤編
②セラピストの解剖学セミナー 脊柱・下半身の筋、腰痛編
野見山先生主催の講座を受講し受講証明を取得します。
受講時間5時間×2 受講料金同時受講 35,000円

分けて受講 
①18,000円
②18,000円
開催回数年2回

講習

外部講習【7】救命
AED+CPR講座
各自自治体で受講の上、受講証明を提出
  受講料金自治体による  

課題

講座、講習の受講が全て完了した時点での提出となります。

【8】レポートならびに事例レポート
実践・レポート
① 医療や介護の現場でのヨガクラスの実践
② 地域コミュニティのセルフメディケーションを支えるクラスを実施
1,2のいずれかを実施し、その様子をレポートにまとめて提出
具体的な医療現場等への導入など、実践力高めることに重きを置きたいと考えています。
院内でや地域社会でヨガ企画を開催することの困難さを実感し、その環境下で工夫し魅力のある企画を提案する力を培います。
医療の現場でメディカルヨガを実用化していくために、ヨガに理解のある仲間を増やす必要性、一般社会にヨガに対する理解を求めていく必要性を理解します。
※カリキュラムの内容は変更になる場合があります
POINT
ヨガセラピー入門講座、マインドフルネスヨガセラピーは国際的標準化団体として50ヶ国以上で認知されている「国際ヨガセラピスト協会」(通称IAYT)に継続教育のための新しいプログラムとして正式に認可を受けたプログラムです。
また、当協会開催の認定対象外の勉強会や講座は、このヨガセラピー入門講座の受講が前提となっているものも多くあります。

取得までの費用price

非医療者 医療者
初年度一般会員会費 8,640円2年目以降は更新が必要です。 8,640円2年目以降は更新が必要です。
講座受講総費用 129,960円 84,160円
認定費用 5,400円 5,400円
合計 144,000円 98,200円
別途 AED+CPR講座 自治体により異なる 自治体により異なる

各講座の受講申し込みとお支払いは、講座ごととなります。(一括支払いではありません)
上記は解剖学の2講座を同時受講した場合の料金です。2回に分けて受講した場合+1,000円となります。

講座開催日程schedule

開催予定の講座一覧です

協会主催講座

講座の詳細は、日本ヨガセラピスト協会のWebサイトにジャンプします

外部講座

解剖学講座(2講座各1日)は協会外部の講座になりますので、開催とお申込みについてはこちらからご確認ください。

野見山先生の解剖学講座
開催・お申込みご案内サイトへ

講師紹介lecturer

日本ヨガメディカルの認定ヨガセラピスト養成講座の講師陣は、
心と身体のつながり、病気と健康について深い知識と現場経験を持つ専門家たちです。

  • 医療基礎講座
    辰元 宗人先生
    辰元 宗人先生
    獨協医科大学神経内科
    医療安全推進センター
    医学博士
    総合内科専門医
    神経内科専門医
    頭痛専門医
  • 解剖学講座
    野見山 文宏先生
    野見山 文宏先生
    Unplug-lab Japan 代表
    クリパルヨガ教師
    鍼灸師
    日本ヨガセラピスト協会
    メディカルサポーター
  • コミュニケーション講座
    岩田 真理子先生
    岩田 真理子先生
    ERAN代表取締役
    元日本航空国際線乗務員
  • マインドフルネス講座
    川野 泰周先生
    川野 泰周先生
    精神科・心療内科医
    臨済宗建長寺派林香寺住職
  • 倫理講座
    岡部 朋子先生
    岡部 朋子先生
    日本ヨガメディカル協会
    代表理事
基礎講座
  • 浅野 佑介先生
    Mandukaアンバサダー
  • 石井 及子先生
    RAGA YOGA主宰
    ライベートヨガルーム
  • 奥村 麻里先生
    株式会社BEL-CIELO
    取締役
  • 高野 裕子先生
    乳がんヨガセラピスト
  • 松原 昌代先生
    看護師/看護学校教師
  • 三夏 Chang先生
    Three Summers’yoga主催
  • 横山 みつこ先生
    MYLヨガセラピー&スクール主宰
  • 秦 絵理子先生
    BCY Institute Japan 校長

講師詳細プロフィールはこちら

認定取得の流れflow

認定資格プログラムのスタートに事前申し込みは必要ありませんが、
会員の管理画面に認定取得の意思を確認する項目がございます。
詳細はこちらをご確認ください。

日本ヨガメディカル協会 
一般会員への登録
認定取得には一般会員登録が必須条件です。
最初の講習受講の申し込み前までに会員登録を済ませてください。
その後、認定取得まで会費 8,000円/ 年 (税別)が継続して発生します。
協会会員については、協会ホームページをご確認ください
会員の登録方法はこちら
カリキュラム修了まで5年以内
全講座受講
事例レポートの提出
5年間で、全講座受講とレポート提出を終えます。
レポートのための活動も同時にスタートされることをおすすめいたします。 受講履歴は受講リストにて協会で記録、チェックしておりますが、 受講者の皆様にも各自記録、管理をお願い致します。

講座受講の完了をオンラインにてご申告いただき、事例レポートを提出していただきます。事例レポートの提出ガイドラインについて
審査・面接予約
認定条件を全てを満たしている場合は、申請より2ヶ月以内に面接予約について ご連絡をいたします。
面接、事務手続き・バッジ授与
お越しいただくのが難しい場合は、オンライン面接とバッジ郵送となります。事務手続きについてはこちらをご確認ください。
正会員登録区分の変更
認定取得者は会員区分の変更手続きを行います。
区分はこの時点で正会員となり会費 12,000円/年(税別)が発生いたします。 以降、更新月は4月統一となります。詳しくはこちら
  • 認定証

  • 認定ヨガセラピストバッジ

  • 面接風景

認定維持と更新preserve & reload

  • (1)正会員の更新(全員新たに4月が更新月となります。)
  • (2)セラピストとしてのクオリティを維持するため、3年ごとに倫理講座の受講(無料)かつ事例レポートの提出

※資格失効後の再認定費用は10,800円(税込)

よくある質問Q&A

その他のQ&Aを確認