認定ヨガセラピスト
という選択医療や介護、地域の健康づくりをサポート
Scroll

ヨガインストラクター=ヨガセラピストではありません

ヨガセラピストは、痛みや体の不調から来るストレスの緩和、再発の防止、
健康回復と維持のためのヨガを教えられる知識とスキルを持ったヨガ・インストラクターです。

ヨガセラピストに求められるのは、だれでも安心して安全に参加できるヨガを、
一人一人の心と体のニーズに寄り添って正しく伝えられる力です。
  • 心が不安定に
    なっている方には

    安心

  • 身体を動かすことで
    改善が見込まれる方には

    運動

  • 通院、治療で
    疲弊されている方には

    休息・回復

日本ヨガメディカル協会には、このようにヨガセラピーが必要な方に
安全にヨガを指導できるセラピストであるという証明の1つとして認定制度があります。
認定を受ける意味 >>

あなたをヨガセラピストに育てる
認定プログラム

ヨガセラピーを伝えるために必要な知識を
体系的に身につけるプログラムを提供しています。
あなたも、ヨガセラピストを目指しませんか?

認定プログラムについて >>

2ステップの認定コース
基本から専門へ学びを深めるプログラム

01
ヨガセラピストとしての基礎を学ぶ

ベーシックコースBASIC COURSE

『YMSJ認定ヨガセラピスト』養成

簡略化されたポーズを伝える実践方法、ヨガを伝える際の基本的な応対を学びます。
通常
講座受講所要時間48時間
事例レポート提出
自治体のAED・CPR講習受講
医療従事者
講座受講所要時間31時間(医療系講座免除)
事例レポート提出
コース詳細 >>
02
現場で具体的に生かせる高度な内容

スペシャライズドコースSPECIALIZED COURSE

『専門分野指導士』養成

ペーシックコース修了の認定ヨガセラピストを対象に、ヨガセラピストの活躍が最も期待される分野で指導者となれる人材を育てます。
  • ①マインドフルネスヨガ(MYT)分野
  • ②シニアヨガ分野
  • ③リストラティブヨガ分野
  • 乳がんヨガ分野
コース詳細 >>