ヨガセラピーを学ぶ

HOME / ヨガセラピーを学びたい方へ(ヨガセラピーを学ぶ)

当協会ではヨガセラピーを学びたい方の目的に合わせ、段階的な学びの場をご用意しております。
ヨガセラピーの基本を知りたい方、ご家族や身近な方に伝えたい方、認定ヨガセラピストを目指したい方、いずれも土台となるのは「ヨガセラピー入門講座~簡単なポーズを教える力をつける」となります。
また、その学びを補完する個別講座も各種ご用意しております。

ヨガセラピーの基本を学び、
簡単なポーズを教える力をつけたい方
ヨガセラピー入門講座

2日間 で全国各地 開催(出張開催もあり)(55,000円)
4枚のカードを使いセラピーとして実用可能なポーズや言葉がけ、多様なシチュエーションへの応用を学びます。

  • (1)カードや、クラスで伝えるメッセージを覚えよう 1日目
  • (2)カードを教えよう サンプルクラス発表 1日目
  • (3)現場での禁忌・応用を話し合おう・発表しよう 2日目
  • (4)メディカルヨガ – 誰でもできる基本のポーズ・簡略化した太陽礼拝も練習しよう 2日目
※2018年12月18日、協会の入門講座はIAYT(国際ヨガセラピスト協会)の
APD(Approved Professional Development)の登録科目として認可されました。
詳細は、各入門講座の
開催案内ページをご確認ください。
講座一覧

ファミリーサポートヨガ
患者さまのご家族に個別の
アドバイスを行うサポート役

ファミリーサポートヨガの役割は、ヨガ教室に足を運ぶのが難しいご家族と患者さまに、一緒にご自宅でヨガを楽しんでいただくための個別アドバイスを行うことです。
ケアにあたる側が病んでしまう問題の解消や、ご家族が患者さまにできることを一緒に向き合って考えていくことをお手伝いするサポーターです。

入門講座を受講された方は協会の一般会員であることを条件に、ファミリーサポートヨガの講師登録が可能となります。

詳細はこちら

認定ヨガセラピストを志す方
認定プログラム

アメリカのように、ヨガセラピストが患者さまのサポートに貢献している現状に対し、日本では圧倒的にそのスキルを持つ者が不足しています。当協会では、ヨガセラピーを伝えるために必要な知識とスキルを正しく体系的に身につけるための2つの認定プログラムを提供しております。
プログラムの修了者は「日本ヨガメディカル協会認定セラピスト」として、各自、活動が可能となります。

認定ヨガセラピストを目指す
方のための認定プログラム

ベーシックプログラム
ヨガセラピストとしての基礎を学ぶ(37.5時間 14.4万円)
スペシャライズドプログラム(2020年~スタート予定)
メンタルケア・乳がんリハビリヨガ、医療者向けヨガなど、専門分野別のアプローチができるための学びを深めるプログラムや医療者が医療の現場で具体的に生かすことができる専門的な内容となってお ります。(外部提携講座を含む)
認定プログラム専用サイトへ

様々な症例別の対応を学びたい方
個別講座

認定プログラムの単位にはなりませんが、ヨガの歴史、心理学、生理学など専門的な学びや、症例別のアプローチなどの単発講座をご用意しております。
ヨガセラピストとして入門講座を土台に多角的な学びを深め、活動に活かしていただくことが可能です。

個別講座開催日程