協会レポート&ニュース

HOME / 協会レポート&ニュース

世界最大のヨガセラピーカンファレンスにオンラインで参加できます。

2021年04月1日 | 新着情報
2018年 開催風景

【世界最大のヨガセラピーカンファレンス申込まで2週間】

協会からも毎年有志で参加しておりました世界最大のヨガセラピーカンファレンス
Symposium of Yoga Therapy and Research、2021年はオンラインでの開催となりました。

ディスカウント適用まであと2週間です。

協会はIAYT(国際ヨガセラピスト協会)のメンバースクールですので、
10名以上での参加で各人25ドルのディスカウントが受けられます。

日本ヨガメディカル協会会員の方で参加を希望される方は、4月15日までに協会におしらせください。
名簿を作成し、申請いたします。

なお、申し込み・お支払いの手続きは各人にてしていただくことになります。
(事務手続きの都合上、4月15日以降はディスカウントは適用になりません)

https://conferences.iayt.org/sytar2021

オンラインになった今、海を渡らなくても学びが得られる貴重な機会です。皆様のご参加をお待ちいたしております。
以下詳細です

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

開催日:6月17日~19日

料金:345ドルのところ、10名以上の参加で295ドル(1ドル=105円として、30,975円)。

※オンタイムは現地時間であり、全編英語となります。登録してお金さえ払い込んであれば、不参加であっても1年間は視聴できます。

・まずIAYTへ個人で登録し4月15日までに協会にお知らせいただきます。
(参加したいクラスを、あらかじめ選ぶ方式になっています。クラスの内容が短いタイトルで明瞭に示してありますので、それほど難しい作業ではないと思われます。)

・協会はメンバースクールなので、10人以上申し込むと、全ての人が25ドルずつのディスカウント。


・カンフィレンス終了後に一人あたり25ドル払い戻し。


・さらに1年間、録画したものを見放題!

参加希望の方は、contact@yoga-medical.orgまで「カンファレンス参加希望」というタイトルでご一報ください。

【子供たちの健康づくり】

2021年03月30日 | 協会報告

全国の養護教諭の先生方へ

 子供の頃、保健室に行くだけで具合が悪かったのが少し元気になった経験はありませんでしょうか。
 子どもたちが、自分の身心に目を向けて 『自分の健康は自分で守っていくことができる人になってほしい』という想いのもと
保健室の活動にヨガセラピーを取り入れられているKeiko先生(以下K先生)は「何事も小さい頃からの生活習慣が大事です。予防医学の観点からも子どもの頃からの健康生活習慣が大事だと思います。」とおっしゃっています。

 子供達が健康な生活習慣を学ぶ必要性は、幼少期の短距離走で良い結果を出すためではありません。むしろ長距離走で結果を出すため、生涯にわたり健やかに暮らしていくための土台をインストールするためです。
 これからの子供達は否応がなしにデジタルとの付き合い時間が増え、自らの内面や自然との向き合いが減ります。呼吸の大切さや体を動かすことの楽しさ・心地よさを楽しみを交えながら練習することは養護教諭の先生にこそ手がけられることです。

 K先生はヨガセラピーを学ばれ、『養護教諭の仕事こそヨガセラピーそのものだ』と実感されたとのことです。学校教育へのヨガプログラムの導入、というだけの切り口ではなく、子供達に教諭たち自らヨガセラピー的なアプローチを行っていけるような様々な仕掛けを作りました。今回K先生のご厚意で当協会での配布を可能にしていただきました「げんきくんストレッチ」の素材もその一つです。
 市内の養護教諭部会にて自校の実践を紹介すると共に、「養護教諭自身がまず体感することが大事ではないか?」と考え、部会の中に養護教諭向け「こころ・からだほぐしタイム」を設けたとのことです。その結果、自分にも必要だと感じた気持ち良い体験を子供達にも伝えたいという先生方を中心に「げんきくんストレッチ」の輪が市内の小・中学校へと広がってきました。

げんきくんストレッチ:職員配布用資料のダウンロードはこちら

ダウンロードフォルダ(クラウドからダウンロードできます)

 げんきくんストレッチとは?

学校でも家庭でも『いつでも・どこでも・誰でも気軽にできる運動』。そして、『無理なく、楽しく、ゆっくりと』ずっと続けられるように、親しみやすい指導資料として『げんきくんストレッチ』を作成しました。

コロナ渦の今だからこそ、心身の健康のためにゆっくり落ち着いた呼吸をしながらストレッチ運動することが必要だと思い、4つのカードを作成しました。

げんきくんストレッチ実践について

【学校で実践する目的

1.運動の習慣を身につけてロコモを予防する。

2.簡単な運動を行うことにより脳の活性化を図り学習意欲を高め学力向上につなげる

3.身体の中のめぐりをよくして、免疫力を上げ、病気に負けない身体づくりをする。

【実施方法についての確認

 〇各学校・学級の状況に応じて、各学級に配付した『げんきくんストレッチカード』を活用して行う。

  ・一日ひとつずつ

  ・週ごと月ごとにひとつ など各学級で決めて実施する。

 〇実施場所や時間について

  1. 朝の健康観察とセットで実施する。 ※健康観察の後に1分間行う。
  2. 必要に応じて活用する。業間・体育の時間・集会時・各活動の前に行い気分転換・活動の後にリフレッシュ等 

*上記は作成した養護教諭が学校で実践する際に職員会で提示した資料です。目的①だけでなく目的②③を示したことで導入実践となりました。

配布カードに記したメッセージ【呼吸とストレッチ運動で免疫力をアップして、病気に負けない身体をつくろう!】

長時間のマスク着用により、呼吸が浅くなってしまいます。呼吸が浅いと、新鮮な酸素を全身に送ることができなくなり、不調の原因になります。呼吸は、血液の循環や消化・ホルモンの分泌などにも関わっているため、頭痛・冷え・便秘・疲れやすい・疲れが取れないなどの身体面の不調が起こります。心の面でもイライラしたり、落ち込んだり、やる気がでないなどさまざまな症状が現れます。

ゆっくりと落ち着いた呼吸をしながらストレッチ運動をすることで、自律神経のバランスが整い、不調も改善します。さらに、内臓の働きも活発になり、体の中のめぐりがよくなり、免疫力も上がります。

(再掲)げんきくんストレッチ:職員配布用資料のダウンロードはこちら

ダウンロードフォルダ(クラウドからダウンロードできます)

一般社団法人日本ヨガメディカル協会では、ヨガセラピーを基本から学ぶことができます。ヨガセラピーに興味を養護教諭の先生は、ぜひお問い合わせください。ご入会いただきました方には、4月にヨガセラピストの活動を掲載した協会誌「こころ」を郵送いたします。

ヨガセラピーを学び、子供たちの健康に活かしてくださる養護教諭の先生が増えていくことを願っています。

3/8更新の認定ベーシック講座スケジュール一覧と医療者免除講座について

2021年03月8日 | 協会報告

最新のベーシック講座スケジュールを作成致しました。
こちらをクリックしてご覧ください。➡2021ベーシック講座スケジュール

【医療者免除講座について】
従来の解剖学、医療基礎講座、AED講習に次いで、「ヨガセラピストとしての倫理②」も免除させていただくこととなりました。
いずれも、勤務先、業務内容によっては必要な学びとなる場合もございますので、任意でご受講を推奨いたします。
すでに新先生による倫理②を受講済の医療従事者の方は、認定の際に同額の認定料へ充当させていただきます。


上記内容を反映させた新認定に関する新しい情報は以下にまとめてありますのでご確認ください。➡新認定について

高木篤 医師によるライフスタイル医学10回講座がスタートします。

2021年02月18日 | 講座告知

 「ライフスタイル医学」ということばをお聴きになったことがあるでしょうか。

 ライフスタイル医学とはライフスタイルを変えることによって「病気を予防する」だけでなく「治療する」ことを目指す医学の新しい流れです。

 世界中でパンデミックになっている新型コロナウイルスでは、生活習慣病の基礎疾患のある患者さんは死亡率が高いことがわかっています。しかも、WHOによれば、世界中の病気の7割が感染症以外のライフスタイルが原因によるもので、コロナのパンデミック以前から、世界中に蔓延していたのです。

 そんな中、生活から根本的に病気を予防し、治していくライフスタイル医学が注目されています。その根底には、ライフスタイルを本気で変えると病気の予防と治療ができるというエビデンスが集まってきた現状があります。

 誰もが、ずっと健康で、元気で、若々しくいたいと願っています。しかし、私たちの周囲には確かな健康情報が不足していて、その混乱は目を覆うばかりです。ネットにあふれる健康情報のうち、医学的、科学的根拠に基づいているものはごくわずかです。 

 ライフスタイル医学では確固とした医学的なエビデンス(根拠)を重視しています。日本メディカルヨガ協会でも科学的な検証を重視していますが、医学に関連するあらゆるメソッドには統計学的に検証された科学的なエビデンスが求められています。

 今回、日本ライフスタイル医学会会員で日本内科学会総合内科専門医でもある高木篤先生に10回シリーズの講座をしていただくことになりました。

 本講座では、ライフスタイル医学のエビデンスに基づき、なぜそれが効くのか、なぜそうすべきなのか、原理、統計データ、メカニズム、研究成果をわかりやすく解説していただきます。理論だけでなく、高木先生個人の体験も踏まえながら、具体的に明日からどうしたら実践できるかについても丁寧に解説していただきます。

今回のシリーズはリアルタイムとアーカイブのハイブリット講座です。

 今回のシリーズでは以下のような新しい取り組みをしています。

①オンライン講義を、リアルタイムとアーカイブ(保管動画)(※1)のハイブリッドで視聴できるようにしました。アーカイブ版であれば、お好きなところからお好きな順番で受講可能です。 講座は1回ごとにテーマがありますが、他の回の内容にも触れながら、1回ごとに完結し、学びがあるように工夫されています。

※1…アーカイブは講座開催日の1週間後を目安に公開予定です。公開時にご予約者さまへメールにてご視聴方法をご連絡致します。

②高木先生のご講演は、リアルタイムで視聴することもできますし、後でアーカイブで何度でも視聴することもできます。

③リアルタイムの参加が難しい場合、最初からアーカイブ版の視聴目的でもお申込みいただけます。その場合、動画視聴可能なる時期は講座開催日のおよそ1週間後となります。

④受講料は1回の講座につき5000円(協会会員価格)で、講座ごとにご予約、ご購入いただきます。見たい講座だけを選んで視聴することが可能です。

⑤万が一、リアルタイムで受講できなくても、1年以内であれば、いつでも何度でもアーカイブから視聴できます。後で他の回をアーカイブ版で追加申し込みすることも可能です。

今回のシリーズの特典

 今回、高木先生のご厚意により、以下の特典をおつけします。

①レクチャーに使用したスライドのPDFと、ご講演に使用した論文集や、資料もダウンロードできます。これだけで学びがぐんと深まります。

②講座の視聴後に、いつでも講師の高木先生に質問ができます。リアルタイム視聴の方は講座日から1年間、アーカイブ申し込みの方は、動画購入日から1年間、いつでも、何回でも高木先生に質問ができます。 

 確かな知識は行動を変え、人生を変えます。本講座で深く学び、確かな健康生活を手にいれましょう。

講師 高木篤先生 プロフィール

 大腸内視鏡の専門医として3万件の検査で2万個のポリープを切除。医学書を3冊出版する一方、患者向けの大腸がん予防の紙芝居を8年間上演した。2014年、尿路結石と高血圧発症を機に、食事を菜食中心に変更し、15kgの減量と血圧の正常化に成功。2016年よりアメリカのライフスタイル医学の学会に毎年参加している。ポリープをとっても減らない日本の大腸がんに危機感を覚え、ライフスタイル医学への転身を決意し、2018年、名古屋市内の総合病院の消化器内科部長を退職。内視鏡を続けながら日本ライフスタイル医学会会員として、研究、講演、執筆、翻訳、学会運営に取り組んでいる。名古屋大学医学部卒。日本内科学会総合内科専門医。

10回シリーズの内容

ご予約はタイトルをクリックしてください。クリックしても変わらないものは現在予約ページ作成中です。予約開始の際はメールニュースでお知らせしていきますので、よろしければこちらのページの赤いタブ「Mailで受信」からご登録ください。

①3/28(日) 10~11時 第1回 ライフスタイル医学の基礎

 ライフスタイル医学の6つの柱は食事、運動、睡眠、メンタル、禁煙・減酒、つながり、です。「本気でライフスタイルを変えると病気が治る」というエビデンスが世界中で集まり、ライフスタイル医学の機運が高まってきました。世界的に見ると、いわゆる生活習慣病がほとんど無い地域や、ブルーゾーンと呼ばれる百歳以上の百寿者が多数暮らしている地域があります。そうした地域にはライフスタイルに特徴があります。一方で、世界的には2型糖尿病が爆発的に蔓延し、日本のように大腸がんが増えている地域もあります。本講座では、ライフスタイル医学の解説と、その成果について、特にアメリカのライフスタイルクリニックでの臨床的なエビデンスを交えて紹介します。病気を遺伝子による運命的なものと考えると、医者や医療でしか治せないものになりますが、食事等のライフスタイルの変化よって、遺伝子のスイッチのオンオフを調整したり、腸内フローラを味方にすることができます。病気になる運命は自分で変えることができ、それによって親と同じ病気で死なないですむのです。

②4/11(日) 10~11時 第2回 植物食の真実

 この回では、植物食の驚くべきパワーとそのエビデンスを紹介します。まるごとの野菜や果物による植物食は、がん、心臓病、脳卒中、高血圧、糖尿病、認知症予防への効果が立証されています。植物食の抗酸化力、繊維の持つパワーを解説します。逆に肉、乳製品、卵などの動物食の問題点や腸内細菌に与える影響についても解説します。良質の植物油や魚は問題ないのかについても解説します。家族との折り合いのつけ方や野菜や果物の調理の工夫も解説します。

③4/24(土)  15~16時 第3回 身体能力と植物食

 草食という言葉は、肉食に比べてひ弱というイメージがありますが、本当にそうでしょうか。この回では、タイタニックやアバターのジェームズ・キャメロン監督が提供している完全菜食主義のアスリートのドキュメンタリー映画「The Game Changers」を紹介しながら、骨粗鬆やフレイル(加齢に伴う身体の虚弱化)を防ぎ、本当に体を強くする食事について解説します。アミノ酸神話や蛋白やカルシウムを摂るには動物性食品という誤解を解き、植物食で栄養は足りるのかという疑問にもお答えします。

④5/8(土)  15~16時 第4回 糖質制限・脂質制限とダイエットの真実

 糖質制限という言葉はよく耳にされると思います。本当にこれが健康的なのかを解説します。血糖を上げない低GI(グリセミック・インデックス)食、果糖中毒や血液の糖化の恐ろしさ、糖質制限と心臓病の関係、脂肪と糖質の気になる関係、成人病の根本原因である内臓脂肪、コレステロールの真実、果糖と果物の決定的な違い、本当のダイエットのコツ、適切なBMIについての誤解、ヴィーガン食の問題点についても解説します。

⑤5/22(土)  15~16時 第5回 腸内細菌と腸にやさしいライフスタイル

 腸内フローラという言葉もよく耳にされると思います。腸内細菌は人体で何を行ってるのでしょうか。この回では、肥満・糖尿病・うつ病と腸内細菌、人工甘味料と腸内細菌の関係、抗生物質と腸内細菌の関係、腸内細菌が作る動脈硬化の元、善玉菌を増やすための食物繊維、ヨーグルトは本当に健康食か、クローン病や潰瘍性大腸炎などを改善する食事について解説します。

⑥6/6(日)  10~11時 第6回 がんとライフスタイル医学

 2019年の日本女性のがんの死亡数は、大腸がん、肺がん、膵臓がん、胃がん、乳がんの順になっており、二人に一人ががんにかかる時代です。がんは何故発生するのでしょうか。この回では、大腸がんの専門家でもある高木先生が、がんを予防するにはどうしたらいいか、運動、食事、メンタルヘルスから見たがんの予防、がんになったらどうしたらいいか、がんの標準的治療の考え方、末期がんから生還した人たちに共通する9つのライフスタイル、自分で治療を決定することの重要性などを解説します。

⑦6/19(土)  15~16時 第7回 老化とライフスタイル医学

 いつまでも若々しくあるにはどうしたらいいのでしょう。ベストセラー「ライフスパン」では、老化を避けることのできる病気と考え、遺伝子組み換えを含む高度の先端医療を行うことで、相当健康寿命を伸ばすことできることが紹介されていますが、ライフスタイルの範囲で、自分でもできることがたくさんあります。この回では、細胞寿命の回数券と言われているテロメアの伸ばし方、少食と長寿遺伝子であるサーチュイン遺伝子との関係、寒冷刺激と長寿、長寿が多い世界の地域、ブルーゾーンの特徴、フレイルを予防する方法などについて解説します。

⑧7/3(土)  15~16時 第8回 運動とライフスタイル医学

 運動は体を丈夫にする効果だけだとお思いではないでしょうか。しかし運動の持っている力はそれだけにとどまりません。今回は、運動が、がん、肥満、心臓病、うつ病、ADHDなどの発達障害、認知能力の向上に与える効果について解説します。また、体操・筋トレ・有酸素運動の違いも説明します。具体的な運動についての提案もします。

⑨7/18(日)  10~11時 第9回 メンタルヘルス、人とのつながり、睡眠

 今回は盛りだくさんです。まず、メンタルヘルスについて解説します。まずは、ストレス反応の中枢である扁桃体を抑制するため方法として、前頭前野を活性化する、感情を客観視する、マインドフルネスで現在の自分の感覚に意識を向ける、一点に集中する、トラウマを解除する、愛情ホルモンであるオキシトシンを増やす、などについて脳科学に基づいて解説します。また、ポジティブ心理学、生きづらさを手放す方法、「ねばならない」「完全主義」「善悪主義」の害、矛盾に対する寛容さ、自分を慈しむセルフコンパッションの重要性、SNS、ニュースとの付き合い方なども取り上げます。また、人とのつながりが実は健康にとって一番大事だったというエビデンスについて解説します。最後に、睡眠の重要性についても解説します。

⑩8/1(日)  10~11時 第10回 子供の健康とライフスタイル医学の未来

 今回は子供を持つお母さんに是非聞いてほしい内容です。実は動脈硬化は小児期から始まっています。野菜をたくさん食べる子供の知能や体格には特徴があります。子供は何を食べたらいいのか、子供を野菜好きにするコツも解説します。今回は、シリーズの最後として、ライフスタイル医学の未来についてその展望も解説します。本来、ライフスタイル医学は個別性を重視していますが、その人個人の遺伝子からオーダーメイドのライフスタイル指導がなされる未来も間近に迫っています。ライフスタイル医学は、患者さんが自分で自分の健康をコントロールする力を与えます。ライフスタイル医学は現在のように医療の補助ではなく、むしろ未来の医療の中心となるべきです。

【感謝状】2020年ヨガセラピーの普及への多大なる貢献

2021年01月26日 | 協会報告

お一人目は、平成2年9月25日~9月30日の6日間、東京大学と松本ヘルス・ラボ(市民の健康増進とヘルスケア産業の創出支援に取り組む一般財団法人https://m-health-lab.jp/)による認知症検査アプリ開発のモニタリング調査イベントのサポートとして、65歳から89歳の男女177名の方と椅子を使ったメディカルヨガ に取り組んでくださりました、徳野久美さんです。

徳野さんからのレポートから一部抜粋させていただきます。

「協会の入門講座で使用している4枚のカードを高齢者の方にも読みやすいようにA4に拡大コピーし、準備いたしました。また、協会の新型コロナウイルスガイドラインに従い、手指消毒やマスク・フェイスシールド装着、及び、換気等に配慮し、ソーシャルディスタンスを保つため椅子の間隔も確保しました。椅子の消毒や資料のセットなどは、ご案内の方にサポートいただきました。もともと健康意識の高い比較的お元気な方々、自力でご来場いただけて、検査モニターに適したコミュニケーション及び運動能力を備えた方が参加されていますが、特に安全面に配慮し、お怪我のないよう、運動負荷を加減しながら、お身体を痛めることのないようにお声掛けいたしました。出入りがありますので、繰り返しのプログラムになりますが、中には何周もご一緒してくださる方もいらっしゃいましたので、普段の運動のご様子などをお伺いしながら動きのバリエーションをつけたりしました。ヨガカードをお持ち帰りください、とお伝えすると、皆さまとても喜ばれていました。モニターには、男性の方も半数近く来られていましたが、当初は、男性のご参加は少ないのでは?と予想しておりました。しかし、会場でメディカルヨガの実際の様子をご覧になり、ご案内の方のお声掛けで、女性ばかりでなく多くの男性の方にもご一緒していただくことができました。結果、参加いただけた人数の増加につながりました。」

お二人目は学校での活動のため匿名となりますが、学校現場、養護教諭という立場を活かしヨガセラピーの実践・活動に取り組まれているKeiko先生です。

ヨガを取り入れることにより「子どもたちが、呼吸の大切さや体を動かすことの楽しさ・心地よさを体感し、心身ともに健康に育ってほしい。」という想いのもと前任中学校で少しずつ取組んでいたところ、ロコモ予防の運動器検診が開始されました。また、市内の養護教諭部会の研究も「運動器・ロコモ予防」になり、さらに、小学校への転勤と共に部会の研究担当となり、ロコモ予防を兼ねた運動指導としてヨガを導入しやすい環境に恵まれ、Keiko先生の学校におけるヨガ的アプローチ企画が市内の小・中学校へと広がってきました。

Keiko先生のレポートから一部抜粋させていただきます。
「まず自分が実践し、発信することで取組やすくなるのでは?また、養護教諭自身が体感することが大事ではないか?」と考え、自分の実践を紹介すると共に、部会の中に「心と体ほぐしタイム」を設けたとのことです。

その一部をご紹介いただきましたが、子供たちにもわかりやすい『げんきくんストレッチ』は、校内のみならず他の学校の先生方にも非常に好評とのことです。

その功績をたたえ、2020年の感謝状をお送りさせていただきました。

お二人の活動内容につきましては、後日ヨガセラピー情報サイトにてご紹介させていただきます。