HOME > メディカルヨガ情報

がん相談サロンでの「ヨガ教室と茶話会」《札幌医科大学附属病院》

2016年11月22日 | 事例レポート

【札幌医科大学附属病院 がん相談サロン】清水八恵先生

札幌医科大学附属病院 がん相談サロンにて月に一回「ヨガ教室と茶話会」を行っています。
治療を終えた方から、通院中の方、入院中の方まで幅広くご参加いただけるよう、
イスに座ったまま安心して行えるチェアヨガと呼吸法、茶話会では気持ちを分かち合っています。

心身の緊張をゆるめ、スペースを広げ、呼吸に意識を向けることに難しいヨガのポーズは必要なく、
「呼吸に気付く」「うたうヨガ」「眠りのヨガ」「発声体操」など毎月テーマを設定し、
患者さんが少しの間でも病気や治療から心を離し、
穏やかで自分に優しい時間を持てるような空間を心掛けています。

ペアワーク(手で背中をさする)も患者さんたちに好評で、みなさん笑顔になり、その後の茶話会に向けて大変良い雰囲気につながります。

このクラスがスタートして二年以上経ちますが、
静かに自己と向き合う時間に幸せを見出している方、
「がん友」との交流で力が沸く方、
退院後、少しずつ体力を回復していきたい方など、
このヨガクラスに対しての目的や感じ方は、人それぞれで、
そ こに、ヨガ講師と病院の臨床心理士や看護師さんが寄り添う形でサポートしています。

☆札幌医科大学附属病院 臨床心理士 米田さんからのコメント
「普段なかなか意識することが難しい呼吸を取り入れることで、 気持ちが静かに、そして穏やかになり、笑顔で帰られる患者さんが多く、「患者である前にたった1人の自分」ということを、ヨガを通して感じている方が多い印象です。」

*********************
メディカルサポートヨガ™北海道minamina
HP: https://minaminayoga.com/
お問い合わせ: minayoga3737@gmail.com
*********************

精神科デイケアと精神科入院病棟でのヨガ【医療法人風のすずらん会】

2016年11月20日 | 事例レポート

【医療法人風のすずらん会】吉澤真弓先生

江別すずらん病院の精神科デイケアと精神科入院病棟で月2回ヨガをしています。
デイケアはマットを使いながら小さな動きからダイナミックな動きまで、時には『キツイ!』という声をあげながら汗をかいたり、悔しさを感じながら何度もチャレンジをするなどワイワイと楽しみながらヨガをしています。ポーズの完成度よりも、呼吸や体の動きに意識を向けていくアプローチを大切にしています。
入院病棟では慢性期の方を対象に、PTや看護師の方にもフォローをしていただきながら椅子ヨガをしています。定期的にPTの方が運動をしていることもあり、この時間はヨガだからできることを!ということで、『呼吸』と『姿勢』に焦点を絞っています。呼吸が深まっている反応で途中からあくびをする方がいたりと、とても和やかな雰囲気の中ですすめています。
デイケア・入院病棟のどちらもみなさん自主的に、そして積極的に取り組む方ばかりです!

すずらん病院精神科ヨガ

江別すずらん病院精神科ヨガ2

作業療法士 廣川千晶さんからのコメント

今年度から長期入院している方を対象にヨガを実施してもらっています。毎回患者様の様子に合わせて内容を変更するなど、臨機応変に対応して頂いています。そのため、飽きる様子などなく、患者様、スタッフ共に1時間しっかりと集中して参加しており、「いいね」等の声を多く聞きます。実施後にはリラクゼーション効果が出ている方もいらっしゃるようですので、今後も継続して依頼したいと考えております。

*********************
メディカルサポートヨガ™北海道minamina
HP: https://minaminayoga.com/
お問い合わせ: minayoga3737@gmail.com
*********************

ヨガセラピーのカンファレンス Symposium Yoga Therapy and Research

2016年11月18日 | 事例レポート

2016年、ヨガセラピーのカンファレンスに参加されたNaokoさんによる感想です。

バージニア州のレストンという小さな町で開催された 【SYTAR ヨガセラピーカンファレス】に参加しました。

ホテルのワンフロア貸切で、国際ヨガセラピー協会(IAYT)によるカンファレスがこの規模で毎年行われている、それだけ米国で「セラピーとしてのヨガ」への関心が高いことに驚きました。そして、その一端を目の当たりに出来、英語の壁があっても、それ以上に体験して肌で感じ理解出来るものが多く、来て本当に良かった!と思っています。

医師がヨガセラピーを語り、医療機関でチームの一員としてヨガセラピストが活躍してる実例、医療機関や大学院レベルでの実践&研究の発展が、米国ではこれから益々熱を帯びていきそうです。
いつか日本にもそんな日が来るのだろうか、とワクワクしました。

日本の政治、経済など社会状況において変化していく医療や保険制度に人々が不安ではなく、安心して生活出来るように、自分で出来ることの1つとしてヨガがもっともっと役に立つ日が来るかもしれないと。

今回、特に印象に残ったのは、
ヨガがすることは、とてもシンプルだけど科学的である。
という発表の多さでした。

だからこそ奥が深く、普段私たちが”ヨガ”と言っていることは、ほんの断片でしかなく、インド何千年の叡智を簡単に語ることが出来ないのも実感。まだまだ勉強したい事がいっぱいです。

ヨガに限定する必要はないけれど、先人の叡智を借りて、現代に見合った取り入れ方をすれば、人々の心と身体の健康に役立つのではないでしょうか。

2017年は6月15日-18日、西海岸での開催となります。
ヨガメディカル協会では参加ツアーを企画しております。

茨城県看護協会長からのヨガセラピーへの応援メッセージ

2016年11月16日 | 事例レポート

医療や介護の現場に生かすメディカルヨガ基礎講座、第一回は水戸の茨城県看護協会会議室で行われます。
快く会場をご提供くださりました、茨城県看護協会の会長である相川三保子さまより、ヨガの体験についての心温まるご感想をいただきました。

◇ヨガセラピーを体験した感想
この度ご縁があり、ステキな60分をご提供いただき、とても嬉しく、楽しみとなりました。
雑念を払拭し、先生と仲間と一緒に身体を動かすこと、呼吸をすることに集中できますこと、新しい大切な時間となりました。
何より、身体・こころがあたたかく、そして軽くなることを実感いたします。

◇これからヨガセラピーに期待すること
ほんの60分の喜び、変化を是非多くの方々に体験し実感していただきたく、活動が推進されますこと願います。
また、各々が今の自分と向き合い、健康な生活の実現に寄与できる貴重なプロセスの一つになることを期待します。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

                        茨城県看護協会 会長 相川三保子

医療者の方の心と体のケアに実際にヨガを体験いただき、その良さを伝える場を広げていただける、そんな流れを今後各地で作っていきたいと考えています。

茨城県看護協会様ヨガ

ヨガセラピストという新しい職業・新しい学び

2016年11月4日 | その他

《ヨガティーチャーとヨガセラピストの明確な分離》

今年1月全米ヨガアライアンス(Yoga Alliance) は、協会の掲げる基準の範疇に「ヨガセラピー」は入っていない、つまりヨガアライアンスの資格のみで「ヨガセラピスト」と表記してはならない、との発表をしました。
(https://www.yogaalliance.org/YogaTherapyPolicy)

全米ヨガアライアンスが育成するのは「ヨガティーチャー」であり、「ヨガセラピスト」ではない点、ヒーリング等、診断や治療としての意図を持つ指導についての言及は制限するようにとの通達が出ています。

背景として、セラピーとしてのヨガの専門的知識を持たず症状を抱える方への指導にあたり有害事象を起こしている事例が多くあったそうです。

一方で、国際ヨガセラピスト協会(International Association of Yoga Therapists )が本格的に 認定機関としての活動を開始し、基準合格した学校やヨガセラピストの社会的役割の明確化に動き始めました。(IAYT Accreditated School / 認定ヨガセラピストC-IATY)
中でもIAYTが力を入れているのが、高い倫理意識の維持と継続学習です。

ヨガセラピーを「古代から受け継がれてきたヨガの思想や実践を、現代社会における個々人の健康問題の解決・健康的な生活を目的としたヨガの手法」と定義し、年二回のカンファレンスでセラピーとしてのヨガの手法、導入事例、臨床研究、有害事象の把握、ヨガセラピーにおける課題などを世界中から集まったヨガセラピストたちで共有します。

《ヨガとヨガセラピーの違い》

ヨガセラピーは病気を抱えた人だけのものではありません。
現代社会においては、一見健康そうに見える人も多かれ少なかれ、心や体に症状を抱えていない方は少ないのではないでしょうか。
中には、怪我や病気、重い症状と闘っている人、通院治療中や経過観察中の方もいると思います。
ヨガとヨガセラピーにおいて、ヨガは本質的にセラピー的要素を内包しています。
しかしながら、どんな食べ物も安全ではないように、ヨガを伝えるにあたっては、とくにリスクの高い状態にある方に対しては、ヨガのやり方を慎重にサポートする必要があるのです。
ヨガセラピーの学びとは正しくヨガを教えることや上手に教えることだけではなく、それに加え「寄り添ってサポートする」心構え、そして方法論を学ぶことです。

ヨガとヨガセラピーの違いについては、こちらもご参照ください。
https://yoga-medical.org/word/

それによって、明らかに病気を抱えた人にももちろんのこと、自分では気がついていないけれど少しストレスアウトした人や、病気は抱えていないけど心を痛めているご家族、医療や介護の現場で働かれている方々ご自身も、ヨガをすることによって元気を取り戻し、また今日という1日を大切に生きていく原動力としていただけるのではないかと思っています。

《医療とヨガをつなぐ》

ヨガアライアンスがこのような声明を出した以上、ヨガセラピストはヨガセラピストとしての専門的な学びを得なくてはならないことが明らかになりました。
そして世界各地で学びの場が作られつつあります。

アメリカでもヨガセラピーという言葉の元、医療とヨガに橋が架けられつつあります。
今後の取り組みとして、日本でもヨガセラピーを通じ、医療とヨガをつないでいきたいと思っています。
西洋医学と東洋医学に橋をかけることは容易ではありません。
なぜなら、お互いの立ち位置も歴史も全く異なるからです。
相手を認めることは自らを否定することになるからです。
つまり、無理に繋ごうとすることは無理があるのです。
繋ぐことができる唯一の方法は、相手の得意分野を尊重し、助け合い補い合える部分で協力し合う方法を模索することでしかないのではと考えています。

ストレスにさらされやすいこれからの社会において、当協会は次の二つの学びの場の提供に取り組んでいきます。

(1)医療者がヨガセラピストして寄り添える学びの場を。
(2)ヨガティーチャーがヨガセラピストとしても活動できる学びの場を。

これらを実現することで、日本の社会においてヨガセラピストという職業が機能し始める土台が作られていくと考えています。

一般社団法人 日本ヨガメディカル協会の「認定ヨガセラピスト」にご興味がある方はこちらをご覧ください➡ ヨガセラピスト認定プログラム