HOME > メディカルヨガ情報 > 超高齢化社会を見据えたサミット

超高齢化社会を見据えたサミット

2019年10月18日

経済産業省が主催する 2nd Well Aging Society Summit Asia-Japan のサポート企業としてサミットに参加してきました。世界各地で行われている、超高齢化社会の構築に向けた、官民学連携の取り組みについて紹介がなされるほか、高齢化社会の問題点を解決する新しいサービスや技術についてのビジネスコンテストが行われました。カンファレンスのトピックをご報告します。

健康と生活満足度の関連

生活の満足度は健康に大きく影響し、健康寿命が長ければ長いほど、生涯現役を目指す人が多いことが報告されています。

リタイヤ後も働きたい人の多くが、自己実現と健康を働く理由に挙げています。

生活満足度のほか、健康を左右するものとして、社会参画、信頼できる人との相互交流が挙げられています。

海外での新しいサービスモデルとしては、イギリスでの郵便配達員による健康チェックが紹介されていました。テクノロジーだけでなく、ヒューマンタッチを確保できる仕組みづくりです。Caregiver 不足は世界中どの国でも深刻なようです。

超高齢化社会のビジネスモデル

講演に共通していたのは、超高齢化社会をネガティブに捉えるのではなく、チャレンジする気持ちを維持していける仕組みづくりを目指していくというものでした。

(1) 老いの意味(ストーリー)を変える

(2) 革新的なテクノロジー

(3) 高齢者に暮らしやすい都市デザイン

(4) 持続可能なエコシステム

一般社団法人日本ヨガメディカル協会は、ヨガセラピストたちがこれからの高齢化社会に対し、次の働きかけをしていきたいと考えています。

✔️高齢者にとっての信用できる相手になる

✔️シニアヨガイベントを通じ集える機会を生み出す

✔️下半身の筋力維持にともに取り組み、高齢者の自立を支援する。

✔️高齢者のみならず、介護者のリフレッシュ機会づくり

ヨガを生活に取り入れていくことで予防とケアができる環境を構築し、日本の高齢化社会を明るくしていきましょう。シニアヨガの分科会に参加を希望される方は、協会の問い合わせフォームよりご連絡ください。(一般会員へのご入会が前提となります)

(文責:岡部朋子)