HOME > メディカルヨガ情報 > ヨガが役に立つとき:心の余裕を見失うことは誰にでもある

ヨガが役に立つとき:心の余裕を見失うことは誰にでもある

2016年12月19日

ヨガをする男性のことをヨギー、女性のことをヨギーニと言います。

ではその定義とはどんなものでしょう。教則本に出てくるような難しいポーズをできる人こそがヨギーというのでしょうか。雑誌に載っているモデルさんのように美しくポーズを決められる人をヨギーニと呼ぶのでしょうか。

実はそうでもないのです。世間一般でヨガと呼ばれている体を動かし ポーズをとるヨガは実は沢山あるヨガのうちのほんの一部。これを「ハタヨガ」と呼びます。

ではヨガをしている人とはどんな人のことでしょう?

ありのまま自分の心に従順であらゆることを受け入れるのが上手で、自分のペースを保つことに長けていて、後先よりも今その瞬間を大切にしている。自分を縛り付けることもしない分、心に余裕があって、客観視が上手で、まわりの人の気持ちにもきちんと気づくことができる調和の取れた人。自分にも他者にも優しく思いやりがあり、足ることを知る、そんな人。そんな心持で過ごしている人は例えヨガのポーズなどを知らなくともヨギー、ヨギーニと言えるでしょう。

みなさんの身近にもいませんか?喜怒哀楽に素直で、心のままに振る舞うのが上手で自分を解放している分、周りにも懐深く愛情深く接してくれるそんな愛すべき友人が。

しかしその友人がずっとその状態かというとそうでもないかもしれません。何故なら人生には様々なライフイベントがつきものだから。

この世に生を受け、幼少期、青年期、壮年期、老年期と過ごしていく中で就学、受験、就職、引っ越し、結婚、出産、死別、病気、老いなどなど…生きていれば誰もが様々な試練や苦悩に見舞われることは避けようのない事実。

物事が上手くいかず八方塞がりになると、人は心の余裕を失い、こうでなくてないけない、こうあるべきであると自分で自分を縛り、そのことで息苦しくなり自分にも他者にもつい厳しくなってしまいがち。
心のヨガを忘れてしまうのです。

こんな時のために「ハタヨガ」があります。
緊張と不安でガチガチに強張った体を深い呼吸と共にのびのび伸ばしてポーズをとれば身体と一緒に心も緩んでいくのがわかります。
身体にスペースができると心にもスペースができます。
そして忘れていた周りへの感謝の気持ちや愛情を再び抱くことができるのです。

ヨガとはつまり心の在り方でありそしてそれは深い呼吸とポーズによってよりその状態に近づきやすくなるということ。

人生の節目、ライフイベントを迎え、心の余裕を見失いがちな時こそ
ハタヨガというものに目を向けてみてはいかがでしょう。
心を緩め周りと寄り添うことができたなら

あなたも立派なヨギー、ヨギーニです。

協会公認コーチ:石井及子