HOME > 新着情報 > 【感謝状】2018年ヨガセラピーの普及への多大なる貢献

【感謝状】2018年ヨガセラピーの普及への多大なる貢献

2019年01月11日

【川口貴枝先生】

乳がんとヨガの指導者育成団体で初代リーダーを務められ、2018年、BCY Institute Japanの全国活動の基盤が完成しました。

また、埼玉県内の病院で看護師向け指導者養成講座ならびに患者向けクラスを開催を続けられました。

患者さん向けクラスに医療者の方がアシスタントとして参加することを通じ、医療者が患者さん向けに直接ヨガクラスを開催できるフレームワークを構築されました。

その功績をたたえ、2018年の感謝状をお送りさせていただきました。

 

【深谷晴美先生】

茨城県大子町にある袋田病院で精神科の看護師として働かれながら、院内のヨガクラスを続けてこられました。2018年、心理行動療法をヨガの側面から補完するマインドフルネスヨガセラピー(MYT) プログラムを院内で実施し、患者さんのみならず院内のスタッフの研修も実現しました。

ヨガのクラスは患者さんからの評判がとてもよく、院内でのヨガへの信頼も獲得しました。深谷先生は、協会のMYTプログラム普及チームの一員として、指導者養成講座のプログラム構築にも携わっています。

その功績をたたえ、2018年の感謝状をお送りさせていただきました。

お二人の活動内容につきましては、後日協会HPにてご紹介させていただきます。