HOME > メディカルヨガ情報 > SYTAR 2018【ヨガセラピーカンファレンス現地レポート】⑤

SYTAR 2018【ヨガセラピーカンファレンス現地レポート】⑤

2018年06月17日

CICと呼ばれる、Common Interest Community では、6人の発表者が12分ずつ6つのグループを回って口頭でプレゼンをした後、7分間皆でディスカッションを行います。

その一つ、職業としてのヨガセラピスト・キャリア構築、というコミュニティではヨガセラピストの存在意義とは何か、提案書の書き方、コーチング、マーケティングなどをシェアしてもらいました。

中でも印象に残ったのは、国防省職員やアメリカ軍の心と体をケアする、いわば保健室の先生の領域に、ヨガセラピストが必要とされていることでした。