HOME > メディカルヨガ情報 > 自分らしい最期のためのアドバンス・ケア・プランニング(ACP)

自分らしい最期のためのアドバンス・ケア・プランニング(ACP)

2018年11月28日

日本における20205年問題はご存知でしょうか。
2025年には団塊の世代が後期高齢者となり、人口の20%を締めることになります。
それは何を意味するかというと、みとりの場が足りなくなるということ。

自分らしい最期を迎えていただくため、在宅医療に力を注ぐ横浜「めぐみ在宅クリニック」の小沢竹俊院長の記事とともに、アドバンス・ケア・プランニング(ACP)の必要性について書かれています。

下記よりご一読ください。
日経新聞小澤先生記事