HOME > 《医療への導入に向けて》臨床情報 > 筋肉のリラクセーション法の活用による認知症の人の心と行動の変化

筋肉のリラクセーション法の活用による認知症の人の心と行動の変化

2019年12月2日


認知症の症状には、記憶障害や不安、興奮等があります。研究では、認知症の人に筋肉のリラクセーション法を継続して行い、「不安」や「興奮」といった症状の出現を抑制する効果があることがわかりました。

椙山女学園大学看護学部 池俣 志帆先生
(日本看護科学学会「看護研究の玉手箱」より抜粋)

研究の概要(スライド)はこちら

https://www.jans.or.jp/uploads/files/committee/tamate_h30_02kaisetsu.pdf

研究の本文(英語)はこちら

https://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jjns.12147

認知症の方に対し、身体の緊張を解くことの効果が報告されました。

文責:岡部 朋子