HOME > 導入推進の背景
目次

1. 国際社会における
ヨガを利用した補完統合医療活用

アメリカではヨガやその他の補完統合医療を健康のために活用しようという気運の高まりと共に、1500-2000万の人たちがヨガを日常生活に取り入れています。背景として、団塊の世代が高血圧症や関節炎、糖尿病、心臓病などの慢性的な病気に悩まされる年代にさしかかっていることがあげられます。
ここではその各界での取り組みと、その現状をご紹介いたします。

1.政府

政府の政策の一環としてヘルスケアサービスで医療を補完しようという動きがあり、メディカルヨガの本格的活用が始まっています。
具体的には(1)プロ人材の育成(2)エビデンス*の集積(3)ヨガが伝え続ける社会へのメッセージの発信などです。
*エビデンス(臨床結果 などの科学的根拠。その治療法がよいとされる証拠)

ヨガを現代人の健康に積極的に活用していくためには、ヨガから宗教の印象を取り除き、ヨガと宗教が別物だという認識を持ち、客観的な視点から研究、検証していく姿勢が問われています。実際アメリカではInternational Association of Yoga Therapists(IAYT) という組織が設立され、医学博士、心理学博士など各界の専門家による真剣な議論が行われています。

着目すべきは、アメリカの補完代替療法の流れが、代替療法から、補完的健康アプローチ、補完的治療マネジメント、補完統合医療に変わってきているということです。

アメリカにおける補完統合医療の変換

NCCIH ( National Center for Complementary and Integrative Health ) と呼ばれる国立補完統合衛生センターがあります。現代医学、西洋医学にはない新たな予防法・治療法を学術的に研究し、検証していく国家機関です。実はこのセンター、設立当時は国立衛生研究所の代替医療局でした。研究には軍事防衛予算に匹敵するほどの莫大な研究費が投じられてきたものの、臨床試験のほとんどはおもわしい結果ではなく、税金の無駄遣いとして厳しい批判を受けました。

そこで、2010年ごろから研究目的を「代替医療」から、通常の医療を補う「補完医療」にシフトし、新たな予防法、治療法の総称に「補完代替医療」ではなく「補完的健康アプローチ」を用いるようになりました。研究の目的が「病気の予防、治療」から「症状のマネジメント」に変化したのです。
それにより、そのマネジメントという観点からの有効性が、臨床研究によって科学的に証明されるようになってきました。

NCCIHでは、ヨガが研究にもたらす効果をこのように発表しています。
https://nccih.nih.gov/health/yoga

公式ビデオ
https://nccih.nih.gov/video/yoga

同様にヨガが病気を抱えている人にもたらす研究は増えてきています。PubMed というアメリカの国立医学図書館のデータベースで、“Yoga”をキーワード検索すると、3500以上の論文が検索できます(2016年7月現在)。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed

このような政府の政策への取り組みが、補完統合医療の活用を進めるにあたり大きな追い風になっていることは間違いありません。

2.医療現場

アメリカでヨガが補完的治療マネジメントに取り入れられる流れを作ったのは、医学誌「ランセット オンコロジー」に発表された米国人医師ディーンオーニッシュ氏の論文「生活スタイル改善プログラム〜ライフスタイルの変化で遺伝子は変えられる」でした。(ディーン・オーニッシュ「ヒーリングについて」
生活スタイルを健康的に変えていくことが最も効果的な薬になることを証明したオーニッシュプログラムは次の4つを治療マネジメントに提案しています。

(1) 健康的な食事 (2)運動の習慣化(3) ストレス管理(4) 社会的なサポート

さらに大きな特徴は、医療の現場で導入されうる信頼性確立のために科学データを提示しつつ、医師自らがヨガを学び患者が実践できるプログラムを推奨している点です。

では、アメリカで医療としてのヨガはどのように浸透していったのでしょうか?
注目すべきは、医療現場を納得させる臨床研究と、現代医学に基づいたアセスメント、伝統的で難解なヨガではなく、ヨガを手法として活用した、受け入れやすいヨガを一切のサンスクリット語やヨガ用語を用いることなく導入していった点です。これは日本における漢方の普及と類似しています。

日本の医療においても伝統的な漢方はなかなか受け入れられませんでした。しかし、伝統的な漢方の知識がなくても処方できるわかりやすい漢方処方が普及し、医師教育の中にも漢方の授業が導入されました。その効果を実感し、あらためて伝統的な漢方の深い学びを始めている医師も少なくありません。同じことがアメリカのヨガでは起こっているのです。

つまり、伝統を重んじる立場からすれば邪道かもしれないヨガを「受け入れられる」かたちでまずは現場に役立て、普及に努めたのです。その効果を実感される中、温故知新としてヨガの原点に立ち返り、その学びを深めていることがうかがえます。

また、アメリカの大学病院ではヨガを患者、家族、そして従業員向けのサービスとして正式に採用する動きが見られます。以下はその一例です。

【1】オハイオ州のクリーブランドクリニック
アメリカで初めてプロのヨガセラピストをフルタイムの従業員として雇用従業員向けのクラスのみでのスタートから、現在では患者とその家族、従業員向けのクラスが週に20クラス、4レベルに渡って提供しています。病院として正式にヨガをヘルスケアサービスとして位置付け、今では「病院の中で全米ヨガアライアンス200時間を取得できるプログラムまで用意されています。
【2】がん治療で有名なM.D.アンダーソン大学病院
がん治療で有名なM.D.アンダーソン大学病院ではチーム医療が始まっています。補完統合医療のプロフェッショナルを含めた20,000人以上のチームで、治療に当たっており、患者さんのメリットのために、様々な選択肢を組み合わせて、最適化を図る取り組みが始まっています。 ヨガと癌の研究に史上最高の450万ドルの助成金を受けています
【3】サンフランシスコ大学病院
がん患者や腰痛患者にヨガを提供しています。

3.経済

運動を習慣にすることで、薬や治療の費用も減り、結果的に医療費の節約になることにも注目がされています。
NYを拠点としたOscar Insuranceは、大規模な保険会社ではありませんが、契約者向けに健康トラッキング端末プランを提供し、話題を集めています。

その内容は、本人の健康状態に合わせたゴール (歩数)が設定され、それを達成できると毎日1ドルの小遣いが付与されというもの。米国で深刻 な肥満や生活習慣病対策として、既に1万7000人以上が利用しています。
その他、アプリを使った医師との連絡機能などもあり利用者に寄り添う独自の戦略が光ります。 https://www.hioscar.com/experience/

また、アップルも米国のヘルスケア業者や健康関連アプリの開発者、医療保険会社との連携を 2014年から積極的に始めています。
実際、アップルのメディカル関連のアプリは200種を超え、さらに、ヘルスフィットネス関連、ライフ スタイル関連もそれに匹敵しています。

以上3つの側面から見てきましたが、
補完統合医療の本格的活用の流れはますます進むということは明らかで、アメリカのみならず、日本でも確実に必要性が高まっていくことでしょう。