新着情報

HOME / 新着情報

「心をあたためる・電話でシニアヨガ」

2020年04月3日

一般社団法人 日本ヨガメディカル協会全会員の皆様、講師の皆様へ、

〜シニアヨガを学んだ方も学んでない方もできること〜

感染拡大防止のため、不要不急の外出の自粛を求められていることから、デイサービスなど通所型の介護施設では「通い控え」が起こっているそうです。家族に止められている人もいれば、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅も感染を恐れ、居住者の外出を禁止したため、通えなくなった人もいます。来所時には機能訓練とした数時間の運動を行っていた高齢者が、外出や訓練ができなくなっています。


高齢者の方が長期間、家の中でじっと過ごすと身体活動量が減り筋肉が衰えます。血行も悪くなることによるリスクも向上します。1週間安静をすると落ちた体力を回復するためには2週間かかるとされています。1か月安静だと2か月もかかることになります。特に急激に衰えやすいのは下肢の筋肉です。歩きにくさを感じたり、転倒しやすくなってしまうことで、自粛がとかれても以前のように外出したいと思えなくなる可能性があります。

また動かないでいることのリスクは心の健康や認知機能にも及びます。動かないと、食欲も落ちます。話し相手がいないと、認知機能も衰えやすくなります。
動かない生活に慣れてしまうことを防ぐために、ヨガセラピストの一人一人が簡単な行動を始めませんか?

このサイトをご覧になっている皆様のところには、日夜コロナウイルスや、その対策についての情報が流れ込んでくると思います。しかし高齢者の方は、ネットは見ない前提で考えていきましょう。

【できることその1】

電話をかけ、心配していることを伝えましょう。外出ができず、人と会う機会が減ることで最も考えたいのは、私たちの大切な人が感じる孤独感です。孤独を感じた時、自分から誰かに電話をかけることが出来るでしょうか。むしろ、身動きが取れなくさらに孤独感を深めてしまうと思います。
電話はコロナは運ばず、心は届けられる素晴らしい発明品です。親御さんを始め、皆さんが大切に思う高齢者の方に電話をかけましょう!
ポイントがいくつかありますが、ヨガセラピストの方なら勘所を抑えられていると思います。相手の話に耳を傾けること。いきなり運動不足の怖さを伝えるのではなく、まず、相手の状況を聞いてあげることです。

【できることその2】

電話口でできそうなことを聞いて見ましょう。その上で、動かないとお腹が空かないことや、回復に時間がかかることを伝え、自宅でできそうなことをできるだけ具体的に提案して見ましょう。
気分は悪くないか / 歩けるか立ったり座ったりするのが億劫になってきていないか / 体がなまっている実感はないか、などを尋ねた上で、安全のために現在の体力に応じて提案してみましょう。

《シニアヨガにおけるポイントは3つ》

筋肉を動かして巡りを良くすること」「筋肉が落ちないようにすること」「関節の可動域を保つ」という視点にしぼってみましょう。

(a) 歩ける → 全身運動

(b) 座れる→ 座ったまま足を動かす、座ったまま腕を動かす、座ったまま上体をゆっくり回す、など。

(c) 寝ている方が楽→  寝たまま足を動かす、その他、寝転んだままできる筋肉の動き。(顔ヨガや手のグーパーなどでも良い)

【できることその3】

心の健康、肺の健康のためにも、日頃の呼吸を意識することが実は大切であることを伝えましょう。
心の健康のためには、ゆっくりと滑らかな呼吸。気管支や肺の健康のためには、腹式呼吸や口すぼめ呼吸、鼻呼吸の方法を電話口で伝え、実際に一緒にやってみて、上手にできていることを褒めましょう。

私の事例で大変恐縮ですが、我が家における具体的な会話の例を個人のコラム(メディカルヨガ)に掲載しています。一人一人、伝えたい想いはそれぞれだと思いますが、ひとつの参考になれば幸いです。

これらのことは、直接的に新型コロナウイルスの予防になるわけではありません。しかし、コロナウイルスが引き起こしている心の疲れや、生活の不活発化。高齢者の方々にはサポートが必要です。

専門的なシニアヨガを学んでいなくてもできることが、ヨガにはたくさんあります。今の自分にできることで、自分を大切にすること。そんなきっかけを、一人一人の大切な人に向けて、電話口でつくってあげてください。

一人一人の行動が、誰かを温かく包み込みます。


一般社団法人 日本ヨガメディカル協会 代表理事
 岡部 朋子

リトリート・講座の延期、中止のお知らせです。

2020年03月31日

日々の報道を受けまして当協会では4月いっぱいまでの講座を中止、延期、そして6月に予定しておりました伊香保温泉でのリトリートは、一旦中止という処置を取らせていただくことにいたしました。

ご予約をくださっていた皆様には、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

5月以降の講座に関しましては、経過次第で決定いたします。
既にご予約されている方には、振替等でその都度対応させていただきますのでご安心ください。

リトリートに関しましては、ウィスルの収束を待ち、新たに企画していく所存でございます。世の中が落ちつきを取り戻した頃に、また皆さんをお会いできますことを協会スタッフ、講師一同、楽しみにしております。

ご不明点などございましたらお問い合わせまでご連絡ください。

皆さまとご家族が健やかにこの時期を乗り越えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

日本ヨガメディカル協会 運営事務局

コロナウイルス危機を乗り越えるために

2020年03月29日

全会員の皆様へ、

今後、全世界的にメンタルヘルスおよび心理社会的支援を提供して行く体制が必要になっていきます。

私たちが正しい知識を共有し、一人一人の理性と思いやりのある行動を通じ、大切な人を守り、協力してこの危機を乗り越えていけると信じています。

これからの闘いが短距離走ではなく、マラソンであることを理解しましょう。そして、この期間中にメンタルヘルスと心理社会的ウェルビーイング(健康)を管理していくことは、身体の健康を保つことと同様に大切であることをWHOも述べています。私たちヨガセラピストが担える役割を自覚し、公衆衛生に活かしていくために、下記の学びをご提案いたします。

【正しい情報を知る】


「COVID-19アウトブレイク中のメンタルヘルスに関する注意点」(外部サイト)に一度お目通しください。

【実践的な方法を学ぶ】


サイコロジカルファーストエイド(心理的応急処置)を用いて基本的な情緒的および実践的な支援を提供する方法についても、この機会に学びを深めてください。

WHOによるサイコロジカルファーストエイドの手引き(外部サイト)

【アイデアを発信する】


協会の会員に呼びかけをいたしました『在宅ヨガ応援プロジェクト この時期を前向きに乗り越えよう』ですが、ヨガセラピー情報サイトにVideoで「おうちヨガセラピー」としてまとめて掲載をしてあります。

本リンクは健康 design studio 様による「生活者向け コロナと向き合うワンストップ情報サイト」にもご紹介いただきました。
まだまだ、在宅での「気分転換の方法・時間の過ごし方」について有益な情報が必要とされています。ぜひ引き続き、安全にできるリラクセーション、リフレッシュの方法をぜひシェアしてください。この時期を動画でわかりやすく発信するスキルを高める機会として活用しましょう。

協会では引き続き、会員の皆様からの動画のご寄稿をお待ち申し上げております。詳しくはこちらをご覧ください。

【鼻呼吸のメリットを正しく知り、伝えていく】


こちらが大変わかりやすいです。鼻呼吸のメリットについてはみなさまご存知のことと思いますが、この機会に再度ご一読をお願いいたします。

「鼻呼吸は天然のマスク」広がる新型コロナ…専門家に聞く口腔ケア(西日本新聞)

【大切な人を守るために協力しましょう】

今回のコロナウイルスによる不安は、掴み所のない不安と自責をはらんでいます。将来を予測し対策を立てようにも、自分が最大限行なっている対策が果たして最善なのか、という不安が常に付きまといます。一方で、自分がいつ感染源となり、もしかしたら誰かを病ませてしまうのではないか、という自責の念です。

しかし確かにいえることは、私たちが今できること、それは不確かな状況の中、自分だけは大丈夫、と安易に考えることではなく、私たちが正しい知識を共有し、一人一人の理性と思いやりのある行動を通じ、大切な人を守るために協力していくことだと信じています。

日本では実感がわかないかもしれませんが、実際、海外では患者数が急増しています。ドイツのメルケル首相が述べていたように、具体的に私たちができることは、ウイルスの拡散スピードを緩和し、数か月にわたって引き延ばすことで時間を稼ぐことです。

医療の崩壊を食い止めなくてはなりません。また、現在研究者が薬とワクチンの開発に向けて最大の努力をしています。

患者さんの急増を緩やかに抑えるために、皆で協力し、研究者がクスリとワクチンを開発するための時間を稼ぎましょう。患者数が急増しないことで、発症した人ができる限りベストな条件で治療を受けられるような条件を守ることもできます。

このような状況の中、リスクと隣り合わせで私たちの安全や日常を支えるために働いている多くの方々が、どうかきちんと休みを取り、心身を回復できる機会を確保できますようにと願っています。

感染症の最前線に立ち、献身的そして勇敢に感染予防や診療などの業務に日夜従事し医療を支えて下さっている医療関係者の方々、そして交通機関、物流、小売店の方々も国民の不安と対峙しながら私たちの日常を支えてくださっている方々に心からの敬意を表するとともに、私たち協会会員の学びと活動が、ストレスケア、心理社会的ウェルビーイング促進の役割を担えることを願っています。

最後に、会員の皆様やご家族、そして大切な方々がコロナウイルスの脅威から守られますことをお祈り申し上げております。

代表理事 岡部 朋子

【予約頒布】ヨガセラピーについてのパンフレット(会員・メディカルサポーター限定)

2020年03月2日

「ヨガセラピーとは」をわかりやすく説明したパンフレットの予約頒布のご案内です。

協会の理念にご賛同いただき、倫理規定に準拠していただいている方を対象に有償にて提供させていただきます。
ぜひご活用ください。

100部 1,000円(送料370円)にて本日より2020年3月14日までの期間限定予約頒布となります。

ご希望の方は下記のリンクよりお申し込み手続きをお願いいたします。パンフレットのイメージも下記リンクよりご覧いただけます。A4を四つ折りにしたサイズです。

https://yogamedical.thebase.in

クレジットカード払い、コンビニ払いがお選びいただけます。

協会会員、研修生の皆様の力をお貸しください。

2020年02月29日

新型コロナウィルスの感染拡大の影響により、全国の学校は休校、企業では業務縮小や在宅勤務を強いられ、ドラッグストアからはマスクやトイレットペーパーまでが在庫切れになるという、心休まらない状況となりました。 

ヨガクラスの休校を止むを得ず決行されたスタジオも少なくないと思います。

これらの現状を踏まえ協会では、日本全国の皆様が少しでも、自宅で心身健やかにお過ごしいただけるようヨガをお届けすべく

『在宅ヨガ応援プロジェクト この時期を前向きに乗り越えよう』と題して、協会会員さま、認定ヨガセラピスト研修生の皆さまより、ヨガのハウツー動画やポーズブログなどを募集し、協会HPやSNS等で発信したいと思います。

あくまでもボランティアとなりますことをご了承ください。

一例です。当協会公認講師の石井先生の動画です。

『コロナウィルスに負けるな!〜みんなのヨガ〜』

Vol1: 波打ち際のトド

【動画解説】

ただただゆっくりまったりと、ずぼらに必要最小限の力だけで寝転がることを繰り返す簡単ポーズです。眠れないときの入眠儀式にしたり、おうちで退屈しているお子さんと一緒に波打ち際のトドになりきってゴロゴロしてみてください。実際にやってみると意外と体幹を使うことに驚くと思います。ゆっくり繰り返しているうちに心が落ち着き、深いリラクセーションを得ることができます。

上記のようにYouTubeやサイトに掲載してあるもので、URLを記載できるのもに限ります。

自宅でヨガができるものであれば、既存のものでも、新しく作成したものでも、いずれでも構いません。

ただし、データそのものや、不適切な内容が含まれているもの、再生時間の長過ぎるものは協会判断で掲載無しとさせていただくこともございます。ご了承ください。

ご協力頂ける方はシェア可能なURLとその解説も必要であればご記載のうえ
お問い合わせまでご連絡ください。

普段クラスに通われている方の、自宅での練習を習慣化し、充実させる機会にもなります。
皆様からのご応募、お待ちしております。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の講座の予定について

2020年02月27日

いつも当協会の活動にご賛同くださいまして、誠にありがとうございます。

新型コロナウイルス感染拡大に伴う今後の講座の予定についてですが、当協会講座は少人数制で行っているという観点より、現在のところ(2月27日現在)中止の予定はございません。

ただし受講生様に置かれましては遠方からお越しになる場合や、交通機関の利用により安全が確保できない状況と判断された際には、キャンセルポリシーは適用せず、次回以降への振替処置を取らせていただきます。
ご相談、ご連絡はこちらまで➡日本ヨガメディカル協会お問い合わせ
体調のすぐれない方も同様です。
どうぞご無理のない範囲でのご参加をお願い致します。

ご参加くださる皆様におかれましては、マスク、消毒液やアルコールの入ったウェットティッシュのご持参にご協力くださいませ。
入手困難なため、協会側での準備は致しておりませんのでご了承ください。

なお、今後の状況の変化により中止を検討する可能性もございますことをご了承ください。
随時こちらの新着情報でお知らせいたします。


「iRest エマージョンプログラム」申し込みスタートしました。

2020年01月27日


認定ヨガセラピストのスペシャライズドプログラムの3領域《医療従事者向け》《精神の不調》《障害のある方の支援》のうち《精神の不調》についての専門必修科目である「iRest エマージョンプログラム」 (12時間 ) の申込みが開始致しましたのでお知らせいたします。

《精神の不調》についての専門必修科目 は以下の二講座となります。
「iRest エマージョンプログラム」 (12時間 )
「ヨガセラピストのための森田療法」(3時間)

アメリカの「iRest」と日本の「森田療法」
国や文化の違いによって、それぞれの個性がありながらも根底の哲学は同じであることが垣間見れる二講座となっております。

【iRest エマージョンプログラム】
開催日は2020年6月17-19日 @東京・築地となります。
講師はiRest®公認シニアトレーナー、スーパーバイザー/メンター
アジア・オセアニア地域代表
国際ヨガセラピスト協会(IAYT)認定ヨガセラピスト
Yoga Australiaシニア認定正規教師
のフユコ・サワムラ・トヨタ先生です。
詳しくは➡ 「iRest エマージョンプログラム」 (12時間 )
をご覧の上、お申し込みください。

また 、「ヨガセラピストのための森田療法」(3時間) (←詳細、予約はクリック) も併せましてご受講くださいませ。

スペシャライズドプログラムが始まります

2020年01月15日

2020年1月より、認定ヨガセラピストの専門性の向上を目的としたスペシャライズドプログラムのカリキュラム提供を開始いたします。
スペシャライズドプログラムは、(a)専門科目+(b)共通必須科目からなり、
(a) 専門科目 は選択制、 (b) 共通必須科目 の全科目履修が認定の条件となります。

(a) 専門科目  12時間 +(専門科目の推奨書籍を含む)

下記のいずれかをお選びいただきます。
・ 《医療従事者向け》
・ 《精神の不調》
・ 《障害のある方の支援》
など…
※ 詳しくは下の「 (a) 専門科目 について」をご参照ください。

(b) 共通必須科目 

受講必須の講座と、必須個人学習からなります。

【必須講座】
リストラティブヨガ講座 (6時間-15時間)*
MYT(マインドフルネスヨガセラピー)プログラム指導者養成講座(6時間)
メディカルヨガ安全への配慮(オンライン理論)+(禁忌講座3.5時間)
ヨガセラピー最前線 4時間 + 課題図書、レポートの説明
※⑴~⑷の講座は伊香保温泉リトリートでまとめて受講可能です。
詳しくはこちらをご覧ください。➡
日本ヨガメディカル協会 伊香保温泉リトリートツアー

【必須学習】
⑸ 課題図書・オンライン講座とレポート(愛着障害 ポリヴェーガル理論 ソマティック 提案資料の作り方)自主学習 40時間
⑹ 1年間の現場指導 実践 50時間 + 当該領域での活動についてのレポート 作成 12時間

*当協会主催と、当協会協力関係にあるリストラティブヨガ講座6時間以上の講座受講ならいずれの講座でも可。詳細は下の 「過去の受講歴や外部での受講について 」をご覧ください。

・必須学習の時間に関して・
課題図書の読了や、現場指導の実践については自己申告になりますが、レポートの提出が必要となります。レポートについては b)(4)ヨガセラピー最前線の講座時に説明があります。

(a) 専門科目  について

2020年1月から開始するスペシャライズドプログラムは《医療従事者向け》《精神の不調》《障害のある方の支援》の3領域となります。

《医療従事者向け》

専門科目講座:「医療者が現場で生かすメディカルヨガ」 (12時間)

《精神の不調》

専門科目講座:「iRest エマージョンプログラム」 (12時間 )*+
「ヨガセラピストのための森田療法」(3時間)

《障害のある方の支援》

専門科目講座:「障がいのある人にヨガを生かす基礎講座 」(12時間)*

** 2020年2月8-9日 @北海道での開催を予定しています。(協会外主催講座:詳細はこちらをご覧ください。)

過去の受講歴や外部での受講について

協会設立以前の下記講座や協会外主催の講座で受講が認められるものがあります。受講歴のある方は履歴や修了証などの提示をお願い致します。

【リストラティブヨガ】
*ルナワークスによるリストラティブヨガ指導者養成講座 (15時間)
*田中直子先生によるリストラティブヨガ指導者養成講座 (24時間)

【医療者が現場で生かすメディカルヨガ講座】
*松原昌代講師による同講座

スペシャライズドプログラムについては、2020年認定プログラム公式ウェブサイトにて、FAQ(よくある質問)と共に掲載いたします。ベーシックプログラムと同様、受講の順番は問いません。いずれのカリキュラムもいつでもご受講いただけますが、スペシャライズドプログラムの認定は、ベーシックプログラムを修了された方が対象となります。

1 2 3 4 5 6 16