新着情報

HOME / 新着情報

ヨガクラスの安全な開催における対応ガイドライン(COVID-19) Ver.1

2020年05月26日

本ガイドラインの目的

緊急事態宣言は一旦解除となりましたが、今後も油断することなく一人一人が予防を心がけながら第二波に備え生活することが求められます。一方で、宣言の解除を受け、ヨガクラスの再開を検討される方も増えてくることが十分に予想されます。

新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため、そしてヨガクラスを開催する主催者、指導者、そして参加者の生命と健康を守るために必要な予防対応指針、そして発生時の具体的な対応に関するガイドラインを作成いたしました。

主催者の責任のもとに判断すべき項目もありますが、対応の不備により事態の悪化が発覚した場合、ヨガ業界全体への活動が自粛要請される可能性は十分にあります。また、感染が起こった場合、参加者のプライバシーや 個人情報を含む生活への影響を最小限とするための配慮も必要となります。ヨガクラスを提供されるすべての皆様に、万全の体制での開催を心掛けていただきますようお願い申し上げます。

一方で、ストレス状況下、呼吸を整え、体を適度に動かし、自分自身と静かに向き合うヨガの役割が見直されてきています。安全や安心が希薄になるような世相の中ですが、ヨガのクラスと同様に安全は制度だけでは守れません。一人一人が自分を大切に守ること、そして自分のことと同じように、他人やコミュニティを大切にしたマナーやエチケットを心がけること、ヨガの指導者が伝えられる安全対策は、自他への慈悲であることを考えると、対面のクラスのみならずオンラインのクラスの可能性も大きく広がっていくと考えています。クラスの開催も一気にではなく、安全を確かめながら、徐々に徐々に行動範囲を広げていきましょう。

そして何より、これまで人類が経験したことのない脅威の最前線で、自分自身やご家族の生命が危険にさらされるような過酷な状況下で献身的な努力をされている医療従事者の方々、そして医療をはじめ、国民の健康と生活を支えてくださっている多くの関係者の皆様に、最大限の敬意と感謝を表します。

2020年5月26日 一般社団法人日本ヨガメディカル協会   

代表理事 岡部 朋子

ガイドライン ver. 1 は下記より表示・ダウンロードできます。

https://yoga-medical.box.com/v/covid-19-guideline1

リンクにうまく飛べない場合は、リンクのアドレスのコピー & お使いのブラウザへのペーストをお試しください。

また、手洗いの徹底に際しては、手洗い場所に具体的な方法の例示が必要です。下記、サラヤ株式会社様の「衛生的手洗い」のページをご紹介させていただきます。ページの下の方に印刷可能なイラストがあります。

https://pro.saraya.com/pro-tearai/education/index.html

6月のオンライン講座のご案内

2020年05月20日

6月は5つのオンライン講座をお届いたします。
認定ヨガセラピストの必須講座であるヨガセラピー入門講座もついにオンライン化。

ヨガセラピー入門講座を受講された方で当協会一般会員であれば、ファミリーサポートヨガ登録講師になり、ファミリーサポートヨガセミナーを開催することが可能です。コロナウィスルの第2波、3波が懸念される今、家庭でのヨガ、セルフヨガの必要性が謳われています。この機会に、ファミリサポートヨガ講師になって、オンラインセミナーなどを開催されてはいかがでしょうか。 
ファミリーサポートヨガについては
こちらをご参照ください。
ファミリーサポートヨガ講師として活動しませんか?

その他、新たな講座もスタートします。
講座内容、ご予約は以下をクリックしてください。

◆(認)【2020年6月12,13,14日オンライン】ヨガセラピー入門講座~やさしいポーズを教える力をつける~

【2020年6月6.7日オンライン】シニアヨガ指導者養成講座

【2020年6月10日オンライン】ヨガセラピーに生かすユマニチュードの学び

【2020年6月16日オンライン】認知症の方をとおして学ぶヨガセラピー

【2020年6月20日オンライン】ヨガセラピー に活かす機能解剖学的アプローチ

無料ライブ配信 マインドフルネスヨガセラピー 〜質の良い睡眠へ誘う〜

2020年04月29日

 


日本ヨガメディカル協会Facebookページにて無料ライブ配信レッスンをスタートします。
よろしければFacebookページイベントフォローお願いします。

柔軟性も体力も全く必要ありません。このヨガは、思考を鎮め、ぐっすり眠れることを目的としています。

ただただ単純な動きに呼吸を合わせて、ゆっくり丁寧に動くだけです。
寝具の上でできて、そのまま眠れるヨガレッスンです。
質の良い睡眠をとって、免疫力を高めましょう。

長引く自粛生活で懸念されることが、運動不足と日光浴不足です。
これらによって睡眠の質が落ちることがあります。

外に出ない生活のまま、睡眠の質を上げるには
寝る前の入眠習慣が鍵となってきます。

バランスの良い食事、軽い運動、手洗い、うがいに加えて
睡眠の質が高まることで、免疫力が高まり、感染リスクを減らすことができます。

協会では
自粛生活における睡眠の質を、少しでも高められるような習慣作りに貢献いたします。

◆開催日:5月1日から1日おき奇数日開催 全8回(5/15終了)

◆参加方法:配信時間に協会Facebookページで閲覧できます。

◆時間:22時~約40分 ※途中で寝てしまっても構いません。覚醒の声かけはしないままフェイドアウトします。

◆参加費:無料 ご都合に合わせてご利用ください。

◆講師:日本ヨガメディカル協会 MYT(マインドフルネスヨガセラピー)プログラム チーフ 石井及子

◆場所:皆様のご自宅で寝具の上でもヨガマットを敷いてもどちらでも構いません。足腰の痛む方は椅子に腰掛けて行っていただくことも可能です。
最後は寝転がって簡単な動きをします。

◆内容:楽な服装(パジャマ可)布団の上で30分のシンプルヨガの後、布団に入ってシャバアーサナ&ボディスキャン。
覚醒の声かけはしないままフェイドアウトしますので、起きる必要のある方はご自身で目覚ましをセットしてご参加ください。

◆準備するもの:インターネット環境でPC,タブレット推奨。※スマホでも可、温かい部屋、お好みで飲み物

◆注意事項(同意事項) ~以下をよくお読みの上ご参加ください~

・無理のない範囲でお怪我のないよう自己責任でお願い致します。クラス前後、開催時における怪我等の責任は負いかねます。

ご不明点がございましたらcontact@yoga-medical.orgまでご連絡ください。

View this post on Instagram

日本ヨガメディカル協会Facebookページにて無料オンラインレッスンをスタートします。 よろしければFacebookページ、イベントフォローお願いします。 以下詳細です。 柔軟性も体力も全く必要ありません。このヨガは、思考を鎮め、ぐっすり眠れることを目的としています。 ただただ単純な動きに呼吸を合わせて、ゆっくり丁寧に動くだけです。 寝具の上でできて、そのまま眠れるヨガレッスンです。 質の良い睡眠をとって、免疫力を高めましょう。 長引く自粛生活で懸念されることが、運動不足と日光浴不足です。 これらによって睡眠の質が落ちることがあります。 外に出ない生活のまま、睡眠の質を上げるには 寝る前の入眠習慣が鍵となってきます。 バランスの良い食事、軽い運動、手洗い、うがいに加えて 睡眠の質が高まることで、免疫力が高まり、感染リスクを減らすことができます。 協会では 自粛生活における睡眠の質を、少しでも高められるような習慣作りに貢献いたします。 ◆開催日:5月1日から1日おき奇数日開催 全8回(5/15終了) ◆参加方法:配信時間に協会Facebookページで閲覧できます。 ◆時間:22時~約40分 ※途中で寝てしまっても構いません。覚醒の声かけはしないままフェイドアウトします。 ◆参加費:無料 ご都合に合わせてご利用ください。 ◆場所:皆様のご自宅で寝具の上でもヨガマットを敷いてもどちらでも構いません。足腰の痛む方は椅子に腰掛けて行っていただくことも可能です。 最後は寝転がって簡単な動きをします。 ◆内容:楽な服装(パジャマ可)布団の上で30分のシンプルヨガの後、布団に入ってシャバアーサナ&ボディスキャン。 覚醒の声かけはしないままフェイドアウトしますので、起きる必要のある方はご自身で目覚ましをセットしてご参加ください。 ◆準備するもの:インターネット環境でPC,タブレット推奨。※スマホでも可、温かい部屋、お好みで飲み物 ◆注意事項(同意事項) ~以下をよくお読みの上ご参加ください~ ・無理のない範囲でお怪我のないよう自己責任でお願い致します。クラス前後、開催時における怪我等の責任は負いかねます。 ご不明点がございましたらcontact@yoga-medical.orgまでご連絡ください。 #careforcaregivers #careforcarers #careforcare

A post shared by 日本ヨガメディカル協会 (@yogamedicalsocietyofjapan) on

会員限定の情報誌が完成しました。

2020年04月7日

当協会初のヨガセラピー情報誌が完成いたしました。こちらは会員限定誌となります。

タイトルへ込めた想いは、呼吸がまず心に、そして身体によく作用していくというヨガの在り方に基づき、呼吸の「こ」、心の「こ」、運動器を意味するロコモーティブの「ろ」から成り立っています。

この本を作成するにあたり、快くインタビューや寄稿にご協力くださいました諸先生方、大変心に響くお話を本当にありがとうございました。この場をお借りして深く御礼申し上げます。

順次、会員の方へ発送してまいります。今後会員になってくださった方へも会員特典としてお送りさせていただきます。非会員の方はこの機会に一般会員登録はいかがでしょう。入会案内はこちら→『会員・入会案内』
今後も年1回のペースを目標に発行してまいります。



「心をあたためる・電話でシニアヨガ」

2020年04月3日

一般社団法人 日本ヨガメディカル協会全会員の皆様、講師の皆様へ、

〜シニアヨガを学んだ方も学んでない方もできること〜

感染拡大防止のため、不要不急の外出の自粛を求められていることから、デイサービスなど通所型の介護施設では「通い控え」が起こっているそうです。家族に止められている人もいれば、老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅も感染を恐れ、居住者の外出を禁止したため、通えなくなった人もいます。来所時には機能訓練とした数時間の運動を行っていた高齢者が、外出や訓練ができなくなっています。


高齢者の方が長期間、家の中でじっと過ごすと身体活動量が減り筋肉が衰えます。血行も悪くなることによるリスクも向上します。1週間安静をすると落ちた体力を回復するためには2週間かかるとされています。1か月安静だと2か月もかかることになります。特に急激に衰えやすいのは下肢の筋肉です。歩きにくさを感じたり、転倒しやすくなってしまうことで、自粛がとかれても以前のように外出したいと思えなくなる可能性があります。

また動かないでいることのリスクは心の健康や認知機能にも及びます。動かないと、食欲も落ちます。話し相手がいないと、認知機能も衰えやすくなります。
動かない生活に慣れてしまうことを防ぐために、ヨガセラピストの一人一人が簡単な行動を始めませんか?

このサイトをご覧になっている皆様のところには、日夜コロナウイルスや、その対策についての情報が流れ込んでくると思います。しかし高齢者の方は、ネットは見ない前提で考えていきましょう。

【できることその1】

電話をかけ、心配していることを伝えましょう。外出ができず、人と会う機会が減ることで最も考えたいのは、私たちの大切な人が感じる孤独感です。孤独を感じた時、自分から誰かに電話をかけることが出来るでしょうか。むしろ、身動きが取れなくさらに孤独感を深めてしまうと思います。
電話はコロナは運ばず、心は届けられる素晴らしい発明品です。親御さんを始め、皆さんが大切に思う高齢者の方に電話をかけましょう!
ポイントがいくつかありますが、ヨガセラピストの方なら勘所を抑えられていると思います。相手の話に耳を傾けること。いきなり運動不足の怖さを伝えるのではなく、まず、相手の状況を聞いてあげることです。

【できることその2】

電話口でできそうなことを聞いて見ましょう。その上で、動かないとお腹が空かないことや、回復に時間がかかることを伝え、自宅でできそうなことをできるだけ具体的に提案して見ましょう。
気分は悪くないか / 歩けるか立ったり座ったりするのが億劫になってきていないか / 体がなまっている実感はないか、などを尋ねた上で、安全のために現在の体力に応じて提案してみましょう。

《シニアヨガにおけるポイントは3つ》

筋肉を動かして巡りを良くすること」「筋肉が落ちないようにすること」「関節の可動域を保つ」という視点にしぼってみましょう。

(a) 歩ける → 全身運動

(b) 座れる→ 座ったまま足を動かす、座ったまま腕を動かす、座ったまま上体をゆっくり回す、など。

(c) 寝ている方が楽→  寝たまま足を動かす、その他、寝転んだままできる筋肉の動き。(顔ヨガや手のグーパーなどでも良い)

【できることその3】

心の健康、肺の健康のためにも、日頃の呼吸を意識することが実は大切であることを伝えましょう。
心の健康のためには、ゆっくりと滑らかな呼吸。気管支や肺の健康のためには、腹式呼吸や口すぼめ呼吸、鼻呼吸の方法を電話口で伝え、実際に一緒にやってみて、上手にできていることを褒めましょう。

私の事例で大変恐縮ですが、我が家における具体的な会話の例を個人のコラム(メディカルヨガ)に掲載しています。一人一人、伝えたい想いはそれぞれだと思いますが、ひとつの参考になれば幸いです。

これらのことは、直接的に新型コロナウイルスの予防になるわけではありません。しかし、コロナウイルスが引き起こしている心の疲れや、生活の不活発化。高齢者の方々にはサポートが必要です。

専門的なシニアヨガを学んでいなくてもできることが、ヨガにはたくさんあります。今の自分にできることで、自分を大切にすること。そんなきっかけを、一人一人の大切な人に向けて、電話口でつくってあげてください。

一人一人の行動が、誰かを温かく包み込みます。


一般社団法人 日本ヨガメディカル協会 代表理事
 岡部 朋子

リトリート・講座の延期、中止のお知らせです。

2020年03月31日

日々の報道を受けまして当協会では4月いっぱいまでの講座を中止、延期、そして6月に予定しておりました伊香保温泉でのリトリートは、一旦中止という処置を取らせていただくことにいたしました。

ご予約をくださっていた皆様には、多大なるご迷惑をおかけしましたことを深くお詫び申し上げます。

5月以降の講座に関しましては、経過次第で決定いたします。
既にご予約されている方には、振替等でその都度対応させていただきますのでご安心ください。

リトリートに関しましては、ウィスルの収束を待ち、新たに企画していく所存でございます。世の中が落ちつきを取り戻した頃に、また皆さんをお会いできますことを協会スタッフ、講師一同、楽しみにしております。

ご不明点などございましたらお問い合わせまでご連絡ください。

皆さまとご家族が健やかにこの時期を乗り越えられますよう、心よりお祈り申し上げます。

日本ヨガメディカル協会 運営事務局

コロナウイルス危機を乗り越えるために

2020年03月29日

全会員の皆様へ、

今後、全世界的にメンタルヘルスおよび心理社会的支援を提供して行く体制が必要になっていきます。

私たちが正しい知識を共有し、一人一人の理性と思いやりのある行動を通じ、大切な人を守り、協力してこの危機を乗り越えていけると信じています。

これからの闘いが短距離走ではなく、マラソンであることを理解しましょう。そして、この期間中にメンタルヘルスと心理社会的ウェルビーイング(健康)を管理していくことは、身体の健康を保つことと同様に大切であることをWHOも述べています。私たちヨガセラピストが担える役割を自覚し、公衆衛生に活かしていくために、下記の学びをご提案いたします。

【正しい情報を知る】


「COVID-19アウトブレイク中のメンタルヘルスに関する注意点」(外部サイト)に一度お目通しください。

【実践的な方法を学ぶ】


サイコロジカルファーストエイド(心理的応急処置)を用いて基本的な情緒的および実践的な支援を提供する方法についても、この機会に学びを深めてください。

WHOによるサイコロジカルファーストエイドの手引き(外部サイト)

【アイデアを発信する】


協会の会員に呼びかけをいたしました『在宅ヨガ応援プロジェクト この時期を前向きに乗り越えよう』ですが、ヨガセラピー情報サイトにVideoで「おうちヨガセラピー」としてまとめて掲載をしてあります。

本リンクは健康 design studio 様による「生活者向け コロナと向き合うワンストップ情報サイト」にもご紹介いただきました。
まだまだ、在宅での「気分転換の方法・時間の過ごし方」について有益な情報が必要とされています。ぜひ引き続き、安全にできるリラクセーション、リフレッシュの方法をぜひシェアしてください。この時期を動画でわかりやすく発信するスキルを高める機会として活用しましょう。

協会では引き続き、会員の皆様からの動画のご寄稿をお待ち申し上げております。詳しくはこちらをご覧ください。

【鼻呼吸のメリットを正しく知り、伝えていく】


こちらが大変わかりやすいです。鼻呼吸のメリットについてはみなさまご存知のことと思いますが、この機会に再度ご一読をお願いいたします。

「鼻呼吸は天然のマスク」広がる新型コロナ…専門家に聞く口腔ケア(西日本新聞)

【大切な人を守るために協力しましょう】

今回のコロナウイルスによる不安は、掴み所のない不安と自責をはらんでいます。将来を予測し対策を立てようにも、自分が最大限行なっている対策が果たして最善なのか、という不安が常に付きまといます。一方で、自分がいつ感染源となり、もしかしたら誰かを病ませてしまうのではないか、という自責の念です。

しかし確かにいえることは、私たちが今できること、それは不確かな状況の中、自分だけは大丈夫、と安易に考えることではなく、私たちが正しい知識を共有し、一人一人の理性と思いやりのある行動を通じ、大切な人を守るために協力していくことだと信じています。

日本では実感がわかないかもしれませんが、実際、海外では患者数が急増しています。ドイツのメルケル首相が述べていたように、具体的に私たちができることは、ウイルスの拡散スピードを緩和し、数か月にわたって引き延ばすことで時間を稼ぐことです。

医療の崩壊を食い止めなくてはなりません。また、現在研究者が薬とワクチンの開発に向けて最大の努力をしています。

患者さんの急増を緩やかに抑えるために、皆で協力し、研究者がクスリとワクチンを開発するための時間を稼ぎましょう。患者数が急増しないことで、発症した人ができる限りベストな条件で治療を受けられるような条件を守ることもできます。

このような状況の中、リスクと隣り合わせで私たちの安全や日常を支えるために働いている多くの方々が、どうかきちんと休みを取り、心身を回復できる機会を確保できますようにと願っています。

感染症の最前線に立ち、献身的そして勇敢に感染予防や診療などの業務に日夜従事し医療を支えて下さっている医療関係者の方々、そして交通機関、物流、小売店の方々も国民の不安と対峙しながら私たちの日常を支えてくださっている方々に心からの敬意を表するとともに、私たち協会会員の学びと活動が、ストレスケア、心理社会的ウェルビーイング促進の役割を担えることを願っています。

最後に、会員の皆様やご家族、そして大切な方々がコロナウイルスの脅威から守られますことをお祈り申し上げております。

代表理事 岡部 朋子

【予約頒布】ヨガセラピーについてのパンフレット(会員・メディカルサポーター限定)

2020年03月2日

「ヨガセラピーとは」をわかりやすく説明したパンフレットの予約頒布のご案内です。

協会の理念にご賛同いただき、倫理規定に準拠していただいている方を対象に有償にて提供させていただきます。
ぜひご活用ください。

100部 1,000円(送料370円)にて本日より2020年3月14日までの期間限定予約頒布となります。

ご希望の方は下記のリンクよりお申し込み手続きをお願いいたします。パンフレットのイメージも下記リンクよりご覧いただけます。A4を四つ折りにしたサイズです。

https://yogamedical.thebase.in

クレジットカード払い、コンビニ払いがお選びいただけます。

1 2 3 4 5 6 16