協会レポート&ニュース

HOME / 協会レポート&ニュース / スペシャライズドプログラムが始まります

スペシャライズドプログラムが始まります

2020年01月15日 | 新着情報

2020年1月より、認定ヨガセラピストの専門性の向上を目的としたスペシャライズドプログラムのカリキュラム提供を開始いたします。
スペシャライズドプログラムは、(a)専門科目+(b)共通必須科目からなり、
(a) 専門科目 は選択制、 (b) 共通必須科目 の全科目履修が認定の条件となります。

(a) 専門科目  12時間 +(専門科目の推奨書籍を含む)

下記のいずれかをお選びいただきます。
・ 《医療従事者向け》
・ 《精神の不調》
・ 《障害のある方の支援》
など…
※ 詳しくは下の「 (a) 専門科目 について」をご参照ください。

(b) 共通必須科目 

受講必須の講座と、必須個人学習からなります。

【必須講座】
リストラティブヨガ講座 (6時間-15時間)*
MYT(マインドフルネスヨガセラピー)プログラム指導者養成講座(6時間)
メディカルヨガ安全への配慮
⑷ ヨガセラピー最前線 4時間 + 課題図書、レポー
トの説明

【必須学習】
⑸ 課題図書・オンライン講座とレポート(愛着障害 ポリヴェーガル理論 ソマティック 提案資料の作り方)自主学習 40時間
⑹ 1年間の現場指導 実践 50時間 + 当該領域での活動についてのレポート 作成 12時間

*当協会主催と、当協会協力関係にあるリストラティブヨガ講座6時間以上の講座受講ならいずれの講座でも可。詳細は下の 「過去の受講歴や外部での受講について 」をご覧ください。

・必須学習の時間に関して・
課題図書の読了や、現場指導の実践については自己申告になりますが、レポートの提出が必要となります。レポートについては b)(4)ヨガセラピー最前線の講座時に説明があります。

(a) 専門科目  について

2020年1月から開始するスペシャライズドプログラムは《医療従事者向け》《精神の不調》《障害のある方の支援》の3領域となります。

《医療従事者向け》

専門科目講座:「医療者が現場で生かすメディカルヨガ」 (12時間)

《精神の不調》

専門科目講座: 「iRest®ヨガ・ニドラ瞑想入門講座2020」 (20時間 )*+
「ヨガセラピストのための森田療法」(3時間)

《障害のある方の支援》

専門科目講座:「障がいのある人にヨガを生かす基礎講座 」(12時間)*

** 2020年2月8-9日 @北海道での開催を予定しています。(協会外主催講座:詳細はこちらをご覧ください。)

過去の受講歴や外部での受講について

協会設立以前の下記講座や協会外主催の講座で受講が認められるものがあります。受講歴のある方は履歴や修了証などの提示をお願い致します。

【リストラティブヨガ】
*ルナワークスによるリストラティブヨガ指導者養成講座 (15時間)
*田中直子先生によるリストラティブヨガ指導者養成講座 (24時間)

【医療者が現場で生かすメディカルヨガ講座】
*松原昌代講師による同講座

スペシャライズドプログラムについては、2020年認定プログラム公式ウェブサイトにて、FAQ(よくある質問)と共に掲載いたします。ベーシックプログラムと同様、受講の順番は問いません。いずれのカリキュラムもいつでもご受講いただけますが、スペシャライズドプログラムの認定は、ベーシックプログラムを修了された方が対象となります。