ヨガセラピーを学びたい方勉強会・講座

HOME / ヨガセラピーを学びたい方(勉強会・講座一覧) / 【オンライン2020年6月16日】認知症の方をとおして学ぶヨガセラピー

【オンライン2020年6月16日】認知症の方をとおして学ぶヨガセラピー

近年シニア層のヨガへの関心度は高まり、ヨガセラピストの活動の場が広がってきています。一方でシニアの方々といっても状況は様々であるため、身体的な負荷の調整はもとより個別性を大切にした対応が必要になることが数多くあります。
この講座では、認知機能に変化がみられる方にヨガセラピーを提供する際に知っておいてほしいこと・工夫できることについて、認知症グループホームで生活を共にしてきた看護師兼ヨガセラピストから、より具体的にお伝えします。
一見、認知症の方とヨガをすることは難しく思えるかもしれませんが、少しの工夫とヨガの敷居を下げることによりそれが可能になります。また認知症の診断がなくとも、感情の起伏が激しくなったり抑うつ傾向が見られやすくなるシニアの方々へヨガセラピーを提供する際にも、参考にしていただくことのできる講座内容となっております。
認知機能に変化がみられる方とヨガを一緒に行うことの中には、ヨガセラピーの基本とその真髄がつまっていると言っても過言ではありません。この講座を、ヨガセラピストとしての自分を改めて見つめ直す機会にもしていただけたら嬉しく思います。

講座名
【2020年6月16日オンライン】認知症の方をとおして学ぶヨガセラピー
開催日時
2020年6月16日(火) 10時〜16時30分(昼休憩含む実質6時間)
場所
Zoom (オンラインビデオ会議)によるオンライン講座となります。
お申し込みの方に詳細をご連絡いたします。
講座時間
2020年6月16日(火) 10時〜16時30分(昼休憩含む実質6時間)
参加費用
《一般・学生会員》29,700円 (税込)
《非会員》36,300円 (税込)
対象者
テーマに興味をお持ちの方や、医療、介護の現場におけるヨガの活用に関心のある方でしたらどなたでも受講可能です。※職種やヨガの指導経験は問いません。
講師
日本ヨガメディカル協会公認講師 松原昌代 先生
看護師・保健師
E-RYT200・RYT500・YACEP・RPYT・RCYT
内容
(講座内容)
認知症は病名ではない
問題行動の「問題」とは何か
傾向とコンディション別対応
現実の生活をサポートする
もっとも避けたい大きな苦痛
過去の記憶と感情の追体験
接する人の意識と前提
接する前の準備
言葉と理解・認知の特徴
与える与えられるという関係性からの脱却
曖昧さの価値
寛容型コミュニケーション
持ち物
インターネット環境の整った場所で端末と筆記用具をご用意してご受講ください。
定員
なし(最低開講人数4名)
申込受付期間
講座7日前まで(定員になり次第、受付終了となります。)
※事前にテキストを送付致します。
※申込締め切りを過ぎました講座の受付は致しかねます。
医療現場でもルールを厳守できるヨガセラピスト育成のため、どうぞご理解くださいませ。
キャンセルポリシー
・事前決済の場合システムの都合上、予約から 25 日が過ぎるとキャンセルできません。ご注意下さい。
・決済終了後の講座費用の払い戻しは致しかねます。
また、申込から1週間以内に決済手続きが完了していない場合は予約の取り消し手続きをさせていただく場合がございますのでご注意ください。
なお、決済前の場合においても以下の取消手数料を申し受けいたしますのでご確認ください。
開催日の30日前~8日前まで…講座費用の30%、開催日の7日前〜当日以降100%
参加お申し込み
  • 一般学生会員の方のお申込み
  • 非会員の方のお申込み
会員登録

一般会員登録
※学生の方は学生会費での入会が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。