協会レポート

HOME / 協会レポート / 認定ヨガセラピスト紹介 ~菊地 千夏さん~

認定ヨガセラピスト紹介 ~菊地 千夏さん~

2020年04月3日 | 協会外主催 講習等

日本ヨガメディカル協会では、認定ヨガセラピストになられた方に、
その活動を社会に広めていただくため、
任意で活動情報や連絡先の掲載をさせていただいております。

今回、ご紹介させていただきます認定ヨガセラピストは
長野県北八ヶ岳の麓で活動されている菊地千夏 さんです。
以下、 菊地千夏 さんからのメッセージとなります。

ヨガセラピーとの出会い

今まで多くの方から、ヨガは身体がかたい人はできないのでしょう?と言われるたびに「ヨガ=柔軟性」というイメージが定着している…と残念な気持ちになっていました。

周りの人と比べてしまう。身体がかたい自分に劣等感を感じる…。

私自身もヨガをはじめた当初、そのような思いを抱いていました。

『ポーズの完成度と効果は比例しない、気持ちよさと効果は比例する』

ヨガセラピーを学び始めて、私の中にとてもしっくりときた言葉でした。

セラピストとして活動している今でも、私自身がとりたてて身体がやわらかいということはありません。むしろヨガセラピーを続ける中で、身体よりも心の変化の方が大きかったと感じています。10代から悩み続けていたひどい肩こりがなくなったことは嬉しい身体の変化だったのですが、精神面ではクヨクヨと悩むことがなくなり、気持ちの切り替えが早くなったことを実感しています。

がんばり過ぎている人にヨガセラピーで休息の時間を

気持ちを落ち着かせ、心のあり方に良い影響を与えてくれるヨガセラピーは

私にとってがんばらなくてもいい時間です。

走り続ける毎日の中でさらにがんばってヨガをするのではなく、

ヨガセラピーを「休息の時間」と据えていただけるといいなと思います。

ヨガセラピーをしているときに自分を大切にしてみる。

呼吸や身体を通して自分を見つめいたわることは、心身の変化を超えた

なんともいえないあたたかなやさしい時間です。

そして気がつくとなんだかスッキリしている…

それがヨガセラピーの醍醐味であると思っています。

あわただしく成果を求められる時代。そんな世の中だからこそ結果にこだわらずゆっくりとしたプロセスを味わい、地に足のついた自分を持ちたいものです。

ヨガセラピーを通じて自分にやさしくする時間を、誰もが簡単にヨガを楽しめる方法を、そんな環境づくりを今後も続けていきたいと思っています。

私は現在、長野県北八ヶ岳の麓でシニア向けのグループレッスン、リゾートホテルにて朝ヨガや森歩きとヨガを組み合わせたプログラムなどを行っています。

今後は、介護施設に通う方、そこで働くスタッフさんに向けてヨガセラピーを広げていく活動を行っていきたいと思っています。

<お問い合わせ先>
長野県小海町  やさしいヨガ yasashiiyoga.ty@gmail.com