協会レポート

HOME / 協会レポート / 子供達の心のケア:WHOからのアドバイス

子供達の心のケア:WHOからのアドバイス

2020年04月2日 | 協会外主催 講習等

小さなお子さん、あるいは思春期のお子さんがいらっしゃる保護者の皆さんの中には、新型コロナウイルスによる世界的なパンデミックが発生している中で、急な環境の変化や世の中の物々しい雰囲気によって強いストレスを感じたり、不安定になったお子さんとどう接すれば良いのか、悩んでいらっしゃる方も多いと思います。

そんな保護者の方々のために、WHO(世界保健機関)が全世界の保護者へ向けて、今この状況における子どもとの付き合い方についてアドバイスを発信しています。そのサイトを日本人むけに有志の方で翻訳された情報をご紹介いたします。

(協会外サイト)

WHO 「Healthy Parenting」より
https://covid-19-act.jp/parenting-who/?fbclid=IwAR0vbjJUV1PCKVwpp-PL-Tsdr9rHsaVpqDK6wOgFwIoIFMoclkOd-GCzur0

目次
• 『1対1の時間』
• 『肯定的でいましょう』
• 『新しい日課を作る』
• 『悪い行い』
• 『焦らずにストレスマネジメント』
• 『新型コロナウイルスについて話をする』

先日の記事「新型コロナウイルスの三つの顔」(日本赤十字社)でも述べられていたように、世界中において、心のケアの重要性がますます必要となっています。ぜひ、ご一読いただき、身近な方々への接し方を大切にしてください。

出典元はこちらです。(協会外サイト)

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/advice-for-public/healthy-parenting?fbclid=IwAR35ZdIA5Zg7nwig9fY11bu6OmM_WN6jTKnCLb0Vr_x-Kuk54QwHXXkpV-c

(文責:岡部 朋子)