HOME > メディカルヨガ情報 > 自分と家族をケアするヨガを伝えていきませんか

自分と家族をケアするヨガを伝えていきませんか

2019年10月24日

~ファミリーサポートヨガ講師 登録制度開始のお知らせ~
「ファミリーサポートヨガ」とは自分と家族の健康維持向上のため行うやさしいヨガです。ヨガセラピー入門講座での学びを通じ、地域社会の健康問題の解決に取り組む新しいヨガ講師になりませんか?

介護の問題が深刻化する中、ケアにあたる側が病んでしまう場合が大変に多いようです。リフレッシュをしようにも、家を出られない家族がいることで、ケアしている人も家を出られません。

そのような背景を受け、協会では昨年より「ファミリーサポートヨガ」というプロジェクト名のもと、家族をサポート、ケアするヨガを伝える機会の創出に取り組んでまいりました。

青森、愛知、大阪など、各地で開催を試みましたところ、現在自由が効くご家族が、体力の落ちた父親のために何かをしたい、実家に手伝いに帰った際に介護疲れの母親と一緒にヨガをしたい、などの個別の需要から学びにいらっしゃいました。

ご家族が難しい状況にある中、街中のヨガ教室に足を運ぶことは心理的にも抵抗があり、自分のケアにもなり、ご家族の緊張も解いてあげられる小さなこと、例えばゆっくりとした呼吸の声がけ、などを学べる場としてご好評をいただきました。ヨガが目的ではなく、家族のために何かできることはないか、というテーマで、講師と参加者がじっくり向き合えることが、従来型のヨガクラスとの大きな相違となります。

そこで協会では、このような活動に取り組むヨガ指導者の活動を応援する枠組みを構築し、簡単なヨガセラピーの手法がサポートを必要としている方々のお役にたてる仕組みづくりを進めてまいりたいと思います。

ファミリーサポートヨガ講師 登録制度(登録料無料 )

【役割】ヨガセラピー入門講座での学びをもとに「ファミリーサポートヨガ教室 」を開催し、ヨガ教室に足を運ぶのが難しいご家族と一緒にご自宅でヨガを楽しんでいただける方法の個別アドバイスを行う。

【登録できる方】
ヨガセラピー入門講座(旧基礎講座) を履修した方で一般会員、正会員継続中の方。

これまでの開催事例はこちらをご覧ください。

【登録方法】
「 ファミリーサポートヨガ講師 登録希望」というタイトルのもと、入門講座受講日を記載したメールをこちらへお送りください。登録された方で希望される方には、教材提供ならびに教室の開催告知支援*1を行います。

【教室開催方法】
基本的に自主開催、自ら募集、集金、受講生のフォローを行う。
協会発行のテキスト入門講座で使用したカードメディカルヨガの書籍を使用し、協会の倫理規定に準拠する限り、開催スタイルは自由とする。 一般社団法人日本ヨガメディカル協会「家族をサポートするヨガ教室」「ファミリーサポートヨガ教室登録講師」の名称を使用可能*2。 開催方法については、これまでクラスを実践されてきたメンターへの相談も可能です。(メンターの連絡先は、ご登録いただいた方にお知らせします)

【初回購入教材】

◆ファミリーサポートヨガ・ テキストパッケージ … 10,000円(税抜)+送料370円
・講師用テキスト 1部
・参加者用テキスト 10部(参加者用はコピーして教室開催毎にお使いください)
・ファミリーサポートヨガ参加者への修了シール 10枚

【教材:ご希望の方にお送り致します*3】

(1) メディカルヨガ書籍の割引販売(2割引)10冊 17,600円 + 送料

(2) 入門講座のポーズカード(4種類各10枚)2,200円 + 送料180円

(3) ファミリーサポートヨガ参加者への修了シール50枚 1100円 + 送料180円

(4) ファミリーサポートヨガ A4 ポスター : 電子配布

*1 全ての掲載をお約束するものではありません             
*2 不適切な宣伝や指導により協会の信用や品位を傷つけた場合は登録を取り消しいたします。
*3 配送には3-4週間お時間をいただいております。余裕を持ってお申し込みください。

家族を支える、家族で支えるヨガがあたりまえの社会づくりをともに目指していきましょう。皆様のご登録をお待ち申し上げております。