HOME > 言葉の定義

「ヨガメディカル」「ヨガセラピー」「ヨガ」などを言葉で定義するのは容易ではありません。
しかし、健康を目的とした安全なヨガの認知のためには、ヨガをしたことがない人にとってもわかりやすく、実用的な定義が必要であると考えます。

ヨガセラピー(IAYTによるヨガセラピーの定義を採用)

Yoga therapy is the process of empowering individuals to progress toward improved health and well-being through the application of the philosophy and practice of Yoga.

古代から受け継がれてきたヨガの思想や実践を、現代社会における個々人の健康問題の解決・健康的な生活を目的としたヨガの手法

メディカルヨガ(YMSJ定義)

医療、介護、福祉、教育、各種セラピー、カウンセラー、インストラクターなど、我が国の健康産業に携わる人々が、ヨガの思想や実践を学び、その手法(ヨガセラピー)を予防医学や治療計画を補完するヘルスケアとしてのヨガの可能性と活用を追求するシステム全般

ヨガセラピスト(YMSJ定義)

ヨガセラピーを必要とする方が、ヨガの思想や実践を通じ、己の内側に目を向け、ありのままを認め、自らの生命力を信じ、自らの人生に価値を見出すプロセスを根気強く見守り応援する。メディカルヨガのセルフケアへの理解を育む役割を担う。

ヨガとヨガセラピーの違い

ヨガにはもともとセルフケアとしてのセラピーとしての要素があります。
姿勢を良くし心のあり方に影響を与えること。今や呼吸、体への意識を通じ、自己肯定感を取り戻していくこと。
呼吸や瞑想により気持ちを落ち着け、自律神経の働きを整えていくこと。自己肯定感や感謝や尊厳などの気持ちが生活を変えていくことなどです。このようなセラピーを提供する人をヨガセラピストといいます。
ヨガとヨガセラピーに明確な区別をすることは難しいことです。しかし今後ヨガを補完医療として活用していくうえで、次の二つの点から説明を試みたいと思います。

1.ヨガを用いたサポート

元気なとき、意思があるとき、私たちは自力でヨガに取り組むことができるかもしれません。
しかし、そうでないときもあります。そうでない状況にある人もいます。
あるいは誰しも予期せぬ出来事に見舞われ、心折れそうな時を過ごさざるを得ないかもしれません。
そんなときでも、息さえできればヨガはできます。
自分で始めることが難しいとき。安全なやり方、簡単な方法がわからないとき。
そんなときにサポートが必要です。

例えれば、山登りに連れ添うシェルパ(道案内人)がいて、丈夫で安全な道具を使うことができたら、安全な場所で綺麗な景色を楽しむことができることでしょう。
そのような景色はもともと私たちの人生の中にあるのです。ヨガという道具を使い、呼吸や姿勢を整え、今この瞬間に意識を向ける支援をする。このシェルパの存在がヨガセラピストです。

2.やってみて、そして続けられるしくみづくり
ヨガはまずやってみることが大切です。
ヨガセラピーにおいてセルフケアとしてのセラピーの効果を狙うためには、続けてみることが大切です。
ヨガは速く効く薬ではありません。反復しながら身についていくことで、ゆっくりと変化をもたらします。
体験するきっかけを作ること、そしてそれを継続できるしくみづくりが大切なのです。
人がヨガにあわせるのではなく、 必要としている人にヨガが歩み寄ること、それがヨガセラピーです。