HOME > 新着情報

精神科・心療内科医である川野泰周先生にメディカルサポーターにご就任いただきました。

2017年01月20日

川野泰周先生 プロフィール

精神科・心療内科医/臨済宗建長寺派林香寺住職。

1980年横浜生まれ。2004年慶応義塾大学医学部医学科卒業後、精神科医として診療に従事。2011年より建長寺専門道場にて3年半にわたる禅修行、2014年末より横浜にある臨済宗建長寺派林香寺住職となる。現在寺務の傍ら都内及び横浜市内にあるクリニック等で、うつ病、神経症、PTSD、睡眠障害などに対し薬物療法と並び禅やマインドフルネスの実践を含む心理療法を積極的に取り入れた診療にあたっている。


第一回カンファレンスにもご参加いただきました。

先生よりメッセージをいただきました。

【日本ヨガメディカル協会 メディカルサポーター就任に寄せて】

川野泰周

世界の精神科診療において、薬物療法とともに心理療法をはじめとする非薬物療法の重要性はすでに広く認識されており、時には向精神薬を上回る効力をもたらすことがエビデンスとして証明されています。
昨今急速に医療、ビジネス、スポーツなどの分野で広まりを見せている「マインドフルネス」も、日本の「禅」に源流を有することから、東洋思想が心身の安寧に大きく寄与するものとしてとりわけ欧米において受け入れられています。
しかし我が国においては、いまだ宗教への負のスティグマや、精神医療システムの制約などから、こうした心理療法が十分に活かされているとは言い難い状況です。

ヨガは禅よりもはるか昔、古代インドの瞑想法から発展した、いわば「直系」ともいえる心身の調整法であり、各国で心理療法的アプローチの一つとして認知されつつあることも自然な流れであると考えます。日本における近年のヨガ習慣の広まりは、もう一度私たちの心と体に、東洋の精神性を呼び覚ます大きなきっかけとなるはずです。

精神科医でありながら禅の修行にその精神を学ばせていただいた私にとって、日々の診療の中で、いかにして患者さんに「自らと向き合う」心のありかたを落とし込めるかが治療の重要な鍵であると実感しています。

本協会の活動は、こうした、人間が本来持って生まれた自己認識力、ひいては自己治癒力を最大限に引き出すヨガの実践を、我が国において医療場面で導入してゆこうという、大変希望に満ちた取り組みです。
まさしく新時代の医療でありながら、人間存在の原点に立ち返ることを目指す当協会の活動に、少しでも貢献できればと願っております。

先生のご著書はこちら
http://book.impress.co.jp/aruaru-kokoro/

第一回メディカルヨガ・カンファレンス盛会のご報告

2017年01月18日

2017年1月15日 (日)早稲田奉仕園にて行いました
YMSJ第1回カンファレンス「 医療とヨガセラピーのJapan Way」は
満員御礼、盛況のうちに終了することができました。

ご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。

開催にあたりまして

愛誠病院ヨガクラス 平山綾子さま
日本医科大学武蔵小杉病院腫瘍内科助教授の門倉玄武先生
綾瀬循環器クリニック所長の多田博子先生
看護師の泉亜土さま
理学療法士の千葉一幸さま
早稲田大学人間科学部健康福祉科の三輪浦麻衣さま

大変意義の深いお話と論文紹介、ありがとうございました。

大寒波が日本列島を襲ったこの週末、雪降る中、遠方からお越しくださった参加者様も多数いらっしゃいまして
皆さまの医療とヨガに対する関心の高さと希望、学びに対する積極的な姿勢に外の寒さとは裏腹に、早稲田奉仕園は熱気を帯びておりました。

終了後には沢山の方々が連絡先を交換し合い、御名残り惜しいような大変良い雰囲気で終わることができました。
皆さまにご協力いただきました貴重なアンケートのご意見を参考に第2回の開催、
そしてヨガセラピーのJapan Wayを作るべく協会メンバー一同、さらなる活動に邁進していく所存でございます。

ヨガセラピーのシステムデザインを考えるワークショップ

代表理事岡部による協会設立の理念への説明がありました

とても臨場感があった愛誠病院精神科入院病棟でのヨガ導入事例

ヨガの語源は、つなぐ、結ぶ、お二人が、愛誠でつなぎ、結んで行ったご縁は想像以上のものでした

心臓病とヨガ:医師、看護師、理学療法士のみなさんによるパネルディスカッション

医療現場を理解してほしい、というメッセージは協会にとって活動への課題となりました

グループワークで懇親も深まりました

司会は協会公認コーチ小野田です。ヨガだけでなく様々なバックグラウンドを持った人材に協会は恵まれました

自分たちの言葉での活きた想い

日本医大の門倉先生による臨床を交えたお話には説得力がありました

ランチタイムには各分野に特化した文化交流会を行いました

不妊治療とヨガは今後大きなテーマとなりそうです

現場の声、これからの課題、ここでしか聞けない意見だったように思います

協会理事でありYogini 編集長が語る医療とヨガの未来

詳しくは後日レポートさせていただきます。

Photo by Nozomi Fujimura

ひろ乳腺クリニックの山口博志先生にメディカルサポーターにご就任いただきました。

2017年01月12日

ひろ乳腺クリニック(福岡県福岡市) の院長である山口博志先生に協会のメディカルサポーターにご就任いただきました。

http://www.hiro-breastclinic.jp

先生は昨年も、乳がん患者さま向けのヨガのイベント*を3回も開催くださり、本年も企画がスタートされているとのことです。患者さまに心と体を元気にするヨガを勧めてくださっています。

*昨年のイベントの様子はこちらよりご覧いただけます。

https://www.facebook.com/hirobreast/posts/373529489646830

日本ヨガメディカル協会における「ヨガセラピー」「ヨガセラピスト」の表記について

2017年01月7日

2016年、ヨガアライアンス*1では「 ヨガセラピー」、「ヨガセラピスト」と表記することを禁止しました。
https://www.yogaalliance.org/YogaTherapyPolicy
2016年10月1日までにすべての媒体から表記を削除しないと、登録ヨガスクール(RYS)/登録ヨガティーチャー(RYT)の登録を取り消されます。

一方で、IAYT*2(International Association of Yoga Therapists)および、IAYTと協業関係にある当協会の会員は「ヨガセラピー」、「ヨガセラピスト」を継続して使用していきます。

「なぜ、IAYTは「ヨガセラピー」、「ヨガセラピスト」の表記を継続するのか?」

日本ヨガメディカル協会と協業関係にあるIAYTは、ヨガセラピー、ヨガセラピストという言葉をしっかり定義するとともに、ヨガセラピストの倫理規定、プロフェッショナリズムを明示しています。

【IAYTによるYoga Therapy の定義】

http://c.ymcdn.com/sites/www.iayt.org/resource/resmgr/docs_articles/iaytdef_yogatherapy_ed_stand.pdf

また、IAYTは全米ヨガアライアンス の声明に対し、IAYTによる自主規制の責任を表明し、健康に役立つヨガの提供を行う仕組みづくりならびに人材の育成に取り組み続けていくことを発表しました。

http://c.ymcdn.com/sites/www.iayt.org/resource/resmgr/Docs_IAYT_Commentaries/Kepner_Comments_new_YogaAlli.pdf

当協会はIAYTと協業関係にあること、そしてヨガセラピーの定義はIAYTの定義に準拠していることから、継続的に「ヨガセラピー」「ヨガセラピスト」の表記を継続します。

【日本ヨガメディカル協会の会員の皆様へ】

当協会はIAYTのポリシーに準拠し、ヨガセラピスト養成のための教育、ヨガセラピー確立のための研究を進めていきます。

当協会の会員は協会の理念へ賛同することを前提にご入会いただいておりますので、継続してヨガセラピー、ヨガセラピストという表現をご使用になれます。

当協会は会員の皆様に、安心・安全なヨガセラピーを提供できるヨガセラピストとしての教育やトレーニング、勉強会の場を提供してまいります。

社会においてヨガセラピー、ヨガセラピストいう言葉が認知され、医療や人々の生活に役立つものとなるよう共に仕組みづくりに取り組んでいきましょう。

*1 《ヨガアライアンスとは?》

ヨガアライアンスとは全米ヨガアライアンスのことで、アメリカに拠点を置く非営利の会員協会です。ヨガアライアンスの規定するトレーニング基準および経験を満たした者が登録ヨガティーチャー(RYT:Registered Yoga Teacher)として認定され、規定を満たすカリキュラムを持つトレーニングスクールが登録ヨガスクール(RYS:Registered Yoga School)として認定されます。RYTおよびRYSともに更新は1年に1回です。

*2 《IAYTとは?》

IAYT(国際ヨガセラピスト協会)はヨガティーチャーとヨガセラピストのためのプロフェッショナル組織であり、ヨガの研究と教育活動のために世界的に活動しています。ヨガをセラピーとして確立することを目的に1989年に設立しました。
2014年には、 IAYTは48か国で3400人以上のヨガティーチャー、130以上の会員スクールを擁しています。
IAYTのヨガセラピスト(C-IAYT)は、既定のIAYTトレーニングプログラムを修了することで認定されます。
代表理事である岡部朋子はIAYTによるヨガセラピスト認定資格であるCertified-IAYTとして認定を受けています。

2017年新年のご挨拶

2017年01月5日

謹んで新年のお慶びを申し上げます。

本年も一般社団法人日本ヨガメディカル協会を宜しくお願い申し上げます。

2017年6月、米国カリフォルニア州オレンジカウンティで開催される国際ヨガセラピスト協会カンファレンスの募集がさっそく始まりました。

アメリカでも急速に社会的関心が高まっているのは人々の心のケアの問題。健康意識が高い層はどの国にも存在しますが、病気を抱えていても健康な人がいる一方で、健康なのに辛さを抱えている人が増加の一途をたどっています。

昨年のセッションで、私はメンタルヘルスのクラスを受講しました。あるプレゼンターの言葉に、ヨガの本質がストレートすぎるぐらいに込められているように感じました。

「私のところに来るクライアントの多くが「自分は足りてなくて申し訳ない」ということばかり言う。私たちは生まれた時は完全な存在だったのに、どうして大人になると自分を不完全とみなすようになるのだろう。不完全であっても完全なのが人間なのに。ヨガセラピストの役割は、「You are enough (あなたは今のままで充分よ)」というメッセージを送り続けることであり、アヒムサ(非暴力)の学びとは、不完全な自分を受け入れ、許してあげる練習ではないか。」

あなたが生きていることを謝る必要はない、あなたは今のままで十分だ、という気づきを得られる場を作っていくことが、医療のサポート体制や子供達の成長に及ぼす可能性は計り知れないと思います。

余談ですが、カンファレンスでは子供の教育にヨガを、というテーマは毎年継続して取り上げられています。2016年印象的だったのは「「子供達に学校教育の中でヨガをさせた方がいい」という提案はもうアメリカでは受け入れられ始めているけど、日本はどう?」と多くの人に聞かれました。明らかに現場導入の芽吹きが始まっています。

2017年は、各種分科会・勉強会の開催、臨床情報の提供に注力していきます。
分科会、勉強会におかれましては、ぜひとも皆様方の積極的なご参加をお待ちいたしております。

2017年1月5日

代表理事 岡部 朋子

*分科交流会のお知らせ*

2017年1月15日に開催のYMSJカンファレンスにおいてランチタイムを兼ねて分科交流会を開催いたします。

がんとヨガ
不妊治療とヨガ
高齢者とヨガ
精神医療とヨガ
その他(メディカルヨガ全般)

当日は各分科の座長が分科名が書かれた紙を持って会場におります。
各自昼食をご持参の上お集まりいただき、座長のもとご縁作り、情報交換の場としてご活用ください。

※カンファレンスのお申込みは2017年1月8日までとなります。

http://yoga-medical.org/learning/890/

勉強会の開催概要を公開いたしました。

2017年01月5日

勉強会の開催が決定いたしました。
皆様のご参加をお待ち申し上げております。

○2/22(水)「働く人の福利厚生としてのヨガ」座長:小川暢子先生
http://yoga-medical.org/learning/1132/

○3/19(日)「シモの悩みとヨガ」座長:堤晶子先生
http://yoga-medical.org/learning/1133/

○3/26(日)「ハンディキャップを持つ方と楽しむヨガ」座長:福顔綾子先生
http://yoga-medical.org/learning/1134/

事務局の年末年始の休業について

2016年12月24日

誠に勝手ながら、下記期間につきましては、当協会事務局は休業期間となります。

休業期間:2016年12月30日(金)~2017年1月4日(水)

期間中にいただきましたお問い合わせ等につきましては、1月5日(木)より順次対応させていただきます。
何卒宜しくお願い申し上げます。

分科交流会のお知らせ

2016年12月24日

2017年1月15日に開催のYMSJカンファレンスにおいてランチタイムを兼ねて分科交流会を開催いたします。

がんとヨガ
不妊治療とヨガ
高齢者とヨガ
精神医療とヨガ
その他(メディカルヨガ全般)

当日は各分科の座長が分科名が書かれた紙を持って会場におります。
各自昼食を持参の上お集まりいただき、座長のもとご縁作り、情報交換をお願いいたします。

第1回 YMSJカンファレンス

第1回 YMSJカンファレンス 「医療とヨガセラピーのJapan Way」