HOME > 新着情報

笹岡 大史先生(埼玉森林病院内科医・産業医 )のメディカルサポーターご就任

2017年07月18日

埼玉森林病院内科医・産業医であり、メディケアアカデミー代表の笹岡 大史先生にメディカルサポーターにご就任いただきました。先生からのメッセージはこちらをご覧ください。

「メディカルヨガ」書籍販売スタジオ・医療機関を募集いたします。

2017年05月26日

協会では、「メディカルヨガ 誰でもできる基本のポーズ」(新興医学出版社)書籍を販売いただけるスタジオ・医療機関を募集いたします。

お申し込みは協会の問い合わせフォームより「書籍仕入れ希望」の旨明記の上、スタジオ・医療機関名、ご住所(郵便番号)、電話番号、ご担当者のお名前とともにお知らせ下さい。10冊単位からとなります。

一般購入は、Amazon(上記リンク), 大型書店、丸善ジュンク等サイトよりお求めいただけます。

がん患者さんにヨガができることを考えるカンファレンス:10月29日(日)

2017年05月24日

がん患者さんにヨガができることを考えるカンファレンスを開催いたします。
詳細は追って公開していきますが、ぜひ日程をご予定いただけるようですと幸いです。

詳細はこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/learning/1729/

「メディカルヨガ-誰でもできる基本のポーズ」発売開始のお知らせ

2017年05月10日

当協会理事であり帝京大学医学部外科准教授の新見正則医師と当協会の代表理事である岡部朋子によるメディカルヨガの入門書が出版されました。
不調の悩み事1つ1つ、ヨガのポーズを写真とコメントで解りやすく解説しています。

大型書店 医学書コーナー または Amazon にてご購入いただけます。

丸善ジュンク等サイトからもご購入いただけます。
https://honto.jp/netstore/pd-book_28449323.html

各種分科会メンバーの登録開始のお知らせ

2017年05月10日

がんとヨガ、不妊治療とヨガ、自閉症とヨガ、など症例別テーマを深めて勉強する分科会(CIC : Common Interest Community )メンバーの登録を開始します。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://yoga-medical.org/news/1264/

【お詫び】 認定プロセスの一部が変更となりました。

2017年05月10日

先日ご案内いたしましたヨガセラピスト認定資格のプロセスにおいて選択科目の一部が変更となりました。

下記を良くご確認いただき認定資格取得のご検討をよろしくお願い申し上げます。

【削除】ルナワークスならびに提携講座の受講

【追加】課題の項目に「分科会あるいは症例別メディカルヨガ実践講座における事例(提案)発表」

分科会への参加、事例発表を通じ
具体的な医療現場等への導入など
実践力を高めることに重きを置きたいと考えております。

ヨガセラピスト認定資格(正会員)開始します。

2017年04月11日

当協会は10年後、ヨガセラピーが医療をサポートする一つのツールとして活用されている未来を見据え、その実践者であるヨガセラピストを育成していきます。詳細はこちらをご覧ください。

http://yoga-medical.org/news/1507/

ヨガセラピストは、ゼネラリストであり、スペシャリストである、という理念のもと、ゼネラリストを育てる「基礎講座」とスペシャリストとしてのスキルを高め合う「分科会への所属」は当協会の認定資格の大きな両輪となります。協会が描くヨガセラピストのあり方はこちらをご参照ください。
http://yoga-medical.org/news/1446/

基礎講座では、同じ志を持つ仲間たちとの出会いがあり、ヨガセラピストとしての活動のイメージをお持ちいただけます。
また、7月より各種必須科目や選択科目の講座、分科会勉強会もスタートします。セラピストとしての実践力を高める各種講座にぜひご参加ください。

2017年の基礎講座は計4回(横浜・東京、下半期の日程は後日公開)を予定しています。
4月21-22日開催の基礎講座(横浜)は4月14日が締め切りとなります。
http://yoga-medical.org/learning/888/

セラピストを目指される方、医療や介護の現場におけるヨガの可能性について関心をお持ちの方、どなたでもご参加いただけます。メディカルヨガの基礎を学びに、ぜひお越しください。

ヨガセラピーシンポジウムのプログラムを日本語で選択できます。

2017年03月20日

6月にアメリカで行われるIAYT主催ヨガセラピーシンポジウムの参加プログラムは選択制です。

本年より協会主催ツアーでは日本語での選択ができるようになりました。
モーニングプラクティスセッションから始まり、午前中の基調講演、午後の専門的実践講座、
どれもアメリカらしく膨大な情報量に圧倒されますが、必ず現場・実践に役立つ内容です。

詳細はこちらをごらんください。
1日目
http://yoga-medical.org/course/1411/

2日目
http://yoga-medical.org/course/1419/

3日、4日目は追って掲載します。