HOME > 《ヨガセラピスト育成》ヨガセラピストを目指す皆様へ

アメリカのように、ヨガセラピストが患者さんのサポートに貢献している現状に対し、日本では圧倒的にそのスキルを持つ者が不足しています。
当協会では、このヨガセラピーを伝えるプロフェッショナルを「認定ヨガセラピスト」として、一定基準以上の正しい知識と理解を持った人材の育成に取り組んでいきます。

ヨガセラピストに必要とされる修養

協会では、認定ヨガセラピストとして活動を行うために、以下のような修養が必要と考えています。

  • ヨガの本質・歴史などの理解
  • ポーズの簡略化・最適化
  • 初心者の方への誘導・説明方法
  • 有害事象・禁忌の掌握・対応方法
  • コミュニケーション能力・信頼
  • ヨガセラピストとしての倫理観
  • 解剖学と疾病に関する基礎知識
  • 禁忌・有害事象についての知識
  • 医療・介護業界の動向
  • 専門分野での知識・応用実践力
認定ヨガセラピストを目指す方のための認定プログラム

協会ではヨガセラピーを担う人材がこれらを包括的に学べるプログラムを提供します。

ベーシックプログラム

ヨガセラピストとしての基礎を学ぶ(50時間 17万円)

スペシャライズドプログラム(2018年4月~スタート予定。説明会は2018年3月予定)

乳がんリハビリヨガ、心臓リハビリヨガ、医療者向けヨガなど、専門分野別のアプローチができるための学びを深めるプログラムや医療者が医療の現場で具体的に生かすことができるプログラム(外部提携講座を含む)

事前理解
ヨガセラピーは患者さんご本人が健康を志す取り組みに寄り添う行為ですが、伝え方を誤ることで健康被害を招く危険性もあります。ヨガセラピストを目指す皆様には、その認識と伝えることの責任をしっかりと持っていただきたいと考えております。

協会ではこれらの共通認識として「安全対策と倫理規定」をとりまとめております。
必ずご一読いただき、ご理解の上、取り組んでいただきますようお願い申し上げます。