HOME > 協会が提供していくこと

協会では、全国各地のヨガセラピストや医療関係者の皆さまから寄せられる多くの事例報告や活動を土台に、今後、協会として以下のような活動を進めてまいります。

1.ヨガインストラクターをヨガセラピストに

ヨガセラピストとして活動しているヨガインストラクターはまだ一部です。
ヨガの知識を持ったインストラクターを、さらに体の弱い方や症状を抱えた方に寄り添える知識と手法(ヨガセラピー)を理解するヨガセラピストへの育成を継続していきます。

2.医療者の方のヨガ体験

医療者の方が医療の現場で活用出来るヨガを体験し、想像力を働かせられる機会を作ります。
不規則な勤務体制、体が硬いからヨガは無理、などのヨガへの先入観等を前提としながら、まずは体験をしていただけるために具体的かつ柔軟に対応していきます。

3.勉強会の開催
現場のヨガを考える勉強会
医療者の方とヨガセラピストの方が合同で現場のヨガを考えられる勉強会を提案します。セラピストはヨガセラピーの手法を掘り下げて紹介し、医療者の方々と現場でできることに落とし込んでいきます。

医療者とヨガセラピストが共に学びアイデアを出し合うということ

ヨガセラピストたちはヨガを提供するだけでなく、現場を知る必要があります。患者さんのリスクを知っているのは医療者の方々です。アレンジのアイデアを持っているのはヨガセラピストです。
現場を知る方々に基本的なヨガのポーズを学んでいただくことで、ヨガセラピストと共に、それぞれの状況でこのようなアレンジが必要なのではないか、というディスカッションが可能になります。
 
ヨガセラピーの提供とは、両者がお互いにアイデアを出し合いながら、その現場で実際に行えることを、一つ一つ試していく地道なプロセスとなります。おそらくお互いにとって未知であるその気づきの交換こそがヨガの語源である結び、だと当協会は考えます。
 
また、医療者の方々には、ヨガはポーズをもとにしたメソッドではなく、その背景にある「今できるところから」という哲学を知っていただきたいと考えています。いきなり体力がない方に行うのではなく、患者さんの中でも少し元気な方々と一緒に行ってみたフィードバックから、より体力がない方にどれぐらいならできそうか、というアレンジも必要です。

ヨガエビデンス勉強会
医療者の方々が、ヨガのエビデンスについて知れる勉強会を開催していきます。今は海外のエビデンスがほとんどですが、ここ数年で非常に増えてきています。各症例ごとにどんなエビデンスがあるかを学べる機会はヨガセラピストたちにとっても有用と考えます。
導入事例勉強会
すでに各地の病院で、ヨガが導入されています。医療者の方々が、実際の導入事例と、そのプロセス、背景をヒアリングできる勉強会を開催していきます。
これまで病院に導入いただくプロセスとして多かった流れは医療者の方々にヨガを体験いただき、 臨床事例をご紹介いただくことで、ヨガは患者さんにも安心して行っていただけるだけでなく、医療者の皆様にのストレスケアにも活用いただけることの理解をいただきました。その上で、患者様向け、従業員の方向けなど現場に合わせたヨガの開催が始まりました。
4.VASスケールアンケート

ヨガを導入することで、患者さんやご家族の満足度がどれだけ変化するか、現場のコメディカルの方々の負担をできるだけ増やすことなく調査できる4種の雛形ポーズカード(前述)アンケートを用意し、VASスケールを用いてデータを蓄積いただけるVASスケールアンケートのテンプレートをご用意しております。

5.国内カンファレンスの開催

医療者の方々とヨガセラピストが、医療を補完するメディカルヨガについて学べるカンファレンスを毎年開催してきます。実践と臨床の両方をお互いに学び、現場の問題点を共有し、学びあいながら、ヨガによって元気になれる方々にヨガを届けられる道筋を医療者とヨガセラピストが共に考えていける場所をつくっていきます。

6.IAYTカンファレンスへの参加

IAYTが毎年開催している二つのカンファレンス
6月中旬 シンポジウムヨガセラピーアンドリサーチ(SYTAR)→実践中心
9月中旬 シンポジウムヨガリサーチ(SYR)→臨床中心 
への参加ツアーを計画しています。
IAYT カンファレンスサイト

7.クレド(手帳)配布~高い倫理観の維持のために

協会の理念に賛同し、ご入会いただいた方々に、年一回会員の証であるクレド(手帳)をお送りいたします。クレドとは同じ感性と価値を共有し、同じものさしで行動できるよう心を導く、言葉のガイドラインです。
その手帳を開いたときに、ヨガセラピストとしての原点を思い出せるよう、協会が目指す社会や倫理規定についていつでも見直していただきたく考えています。

8.現場で使える4枚のカード

医療者の方々が現場でヨガを一緒に行っていただきやすいよう、協会では「ウォーミングアップ」「安心椅子ヨガ」「ゆっくり呼吸ヨガ」「筋力・代謝アップヨガ」4種類のカードを作成し、指導マニュアルを用意いたしました。
カードは自由にダウンロードいただき、印刷の上、ご活用ください。指導マニュアルは各種講座でお配りしております。体験・入門講座ではそれぞれのカードを体験でき、基礎講座では4枚全てを学ぶことができます。
しかし、様々な医療現場、様々な患者様の状態において、それを待合室で行うのか、リハビリのプロセスで行うのか、寝たきりの方々に行うのか、それによってまさにケースバイケースの対応が必要となるためカードの安全で有効な活用には講座へのご参加をお勧めいたします。

9.ポスターの配布

ヨガは宗教や特定の思想、難しいポーズではなく心を落ち着ける取り組みであることを知っていただくために、待合室や入院病室で実践できる深呼吸のポスターの普及に努めていきます。
ポスターは勉強会や講座、カンファレンスなどで無料配布いたしますが、ご自由にダウンロード、印刷してご活用ください。

変化はすでに始まっており、
私たちがJapan Way をつくっていく。
そのパイオニアたちが情報交換できる場として
当協会が社会に貢献できることを
めざしていきます。

ヨガセラピーの普及における「言葉」についての考え方

ヨガがインドからアメリカに渡り取り組みやすくなりました。また、ヨガ用語もサンスクリット語から、英語でのわかりやすい表現に置き換えられ、広まりやすくなりました。
ヨガが本来普遍的な価値を有しているのであれば、その本質を変えることなく、誰にでもわかる平易な日本語で伝えていくことができるはずだと私たちは考えます。

当協会では、医療の現場でヨガの普及に努める人材の育成にあたり最も大切なことは、ヨガを知らない人に対し、ヨガの本質(気づきや呼吸、リラックス)を体験できるサポートを提供できることだと考えます。そのためには、普通の人がわかる言葉でヨガを説明し、指導する心得を学ぶ必要があると考えております。
当協会では、難解なサンスクリット語やマントラの使用は原則控え、ヨガが新しく多くの方々に受け入れられる仕組みを作っていきます。