HOME > 講座・勉強会 > 【2018年7月21日(土)横浜】マタニティヨガ指導者養成講座

【2018年7月21日(土)横浜】マタニティヨガ指導者養成講座

運動不足を解消し、心も身体も健やかな状態でお産を迎えたいと考える妊婦さんたちにヨガを教えてみませんか。妊娠の経験はもちろんマタニティヨガの指導には役立ちますが、もっと大切なのは、 妊婦さんがどの時期、どういうところで不便や危険、ストレスを感じ、それを解消するにはどういう工夫ができるか、ということを的確に判断し安全に導きながらヨガの楽しさを伝えていくスキルです。

当講座では、妊婦さんのポーズにはどういう例外事項、モディフィケーションがあるのか、妊娠の各時期の留意点、禁忌事項、などを勉強します。

また、ぜひマタニティヨガを教えるスキルを妊娠準備として覚えていただけたらと思います。身体が動くうちに妊娠とヨガにある程度学んでおくことで、実際妊娠してから、安定期に入る前/安定期に入ってから、いったいどういう取組みができるのかということを把握でき、より安心してマタニティ・ヨガを始めることができます。ヨガの先生を目指している方に限らず、ぜひ、赤ちゃんが欲しいと思ったそのときから、マタニティ・ヨガを学びにいらして下さい。

《母子保健分科会》主催
講座名
【2018年7月21日(土)横浜】マタニティヨガ指導者養成講座
開催日時
2018年7月21日(土)13時~18時半
場所
YOGA FLAT(Studio My Luggage B-studio)(横浜駅西口より徒歩4分)
横浜駅からの道順はこちらをご覧ください。
講座時間
2018年7月21日(土)13時~18時半
参加費用
20,000円(税込)
対象者
ヨガインストラクター、セラピスト
またテーマにご興味をお持ちの方でしたらどどなたでもご参加いただけます。
指導資格は問いません。
ヨガが初めての方でも気軽にご参加ください。
講師
(社)日本ヨガメディカル協会公認コーチ 奥村 麻里 先生
内容
1.妊娠中に行うヨガとは
2.妊娠期間の心と身体の変化とヨガ
3.マタニティ・クラスのデザインの仕方
4.椅子を使ったヨガポーズ実践
5.マタニティ向けポーズの簡略化
6.安全に教えるための7つのルール
7.クラス開設・運営の際の留意点
8.ケーススタディ:教えてみましょう

〜奥村麻里先生からのメッセージ〜

マタニティ期間は女性だけに、しかも長い人生の中での限られた尊い時間です。ぜひその時間を苦しい辛いと過ごすのではなく、満たされて幸せだなぁと思って過ごせるようにマタニティヨガがあります。また。これらの知識や経験は産後のケアにも心と身体の両面から寄り添ってサポートしてくれる財産になってくれるでしょう。
持ち物
動きやすい服装、バスタオル1-2枚 筆記用具、ヨガマット(¥200/日でレンタルもあります)
定員
15名(最低開講人数4名)
申込受付期間
講座7日前まで(定員になり次第、受付終了となります。)
キャンセルポリシー
・キャンセル期限を過ぎてからのキャンセルの場合ご返金いたしかねますので、ご了承ください。
・事前決済の場合システムの都合上、予約から 25 日が過ぎるとキャンセルできません。ご注意下さい。
・決済終了後の講座費用の払い戻しは致しかねますのでご了承ください。
また、申込から1週間以内に決済手続きが完了していない場合は予約の取り消し手続きをさせていただく場合がございますのでご注意ください。
なお、決済前の場合においても以下の取消手数料を申し受けいたしますのでご確認ください。
開催日の30日前~8日前まで…講座費用の30%、開催日の7日前〜当日以降100%
参加お申し込み
  • 一般学生会員の方のお申込み
  • 非会員の方のお申込み
会員登録

一般会員登録
※学生の方は学生会費での入会が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。