HOME > 講座・勉強会 > 【2018年5月19日】《勉強会》グリーフケアとヨガ

【2018年5月19日】《勉強会》グリーフケアとヨガ

身近な人と死別して悲嘆に暮れる人が、その悲しみから立ち直れるようそばにいて支援すること。
それがグリーフケア。
一方的に励ますのではなく、相手に寄り添う姿勢が大切といわれている、悲嘆ケアでもあります。
ヨガがグリーフケアにどのように影響を及ぼすのか、経験者である杉島小百合 先生をお迎えして様々な話し合いをしていきます。

《メンタルヘルス分科会》主催
講座名
【2018年5月19日】《勉強会》グリーフケアとヨガ
開催日時
2018年5月19日(土)13時30分~16時
場所
YOGA FLAT(Studio My Luggage B-studio)(横浜駅西口より徒歩4分)
横浜駅からの道順はこちらをご覧ください。
講座時間
2018年5月19日(土)13時30分~16時
参加費用
【一般会員・学生会員】 2,000円(税込)
【非会員の方】4,000円(税込)
対象者
テーマに関心のあるかたならどなたでもご参加いただけます。
講師
杉島小百合 先生
内容
インストラクターのさゆりです。
2年前に主人をガンで亡くし
私自身がグリーフ=深い悲しみの中にいました。
この2年の間、心や体の変調や反応に苦しみながら
自分の生きる意味を探してきました。
ガン患者さんのためのヨガを学びライセンスを取得しました。
同時にグリーフケアが必要なのではないかと自身の気持ちが
大きく動きました。
幸い私はヨガのインストラクターでもあり、クラスを行う事で
自身が癒される時間となったのです。
体の変調にもヨガは寄り添ってくれたのです。
深い悲しみの中にいる時、心はショック・不安・緊張・さびしさ・
自責・・・たくさんの感情に苦しむのです。
そして体は、免疫力が落ち、筋力も落ち、次々と不調が現れます。
心と体の両方にアプローチ出来るヨガだからこそ、
グリーフケアとして役立ち、寄り添う事が出来ると思うのです。
ヨガと共に寄り添える事が私達の大切な役割となる事でしょう。
意見交換して下さる皆様、心よりお待ちしています。
持ち物
筆記用具、動き易い服装、飲み物
定員
20名(最少開講人数4名)
申込受付期間
講座7日前まで(定員になり次第、受付終了となります。)
キャンセルポリシー
・キャンセル期限は48時間前までとなります。
・キャンセル期限を過ぎてからのキャンセルの場合ご返金いたしかねますので、ご了承ください。
・事前決済の場合システムの都合上、キャンセル期限を過ぎていなくても、予約から 25 日が過ぎるとキャンセルできません。ご注意下さい。
参加お申し込み
  • 一般学生会員の方のお申込み
  • 非会員の方のお申込み
会員登録

一般会員登録
※学生の方は学生会費での入会が可能です。詳しくはこちらをご覧ください。