HOME > メディカルヨガ情報 > がんコミュニティのためのヨガ at SYTAR 2017

がんコミュニティのためのヨガ at SYTAR 2017

2017年06月19日

世界最大のヨガセラピーカンファレンスSYTAR2017、今年もロサンゼルスニューポートビーチで始まりました。
初日は毎回、CICと呼ばれる、Common Interest Community から始まります。

6つのセッションについてはこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/course/1411/

その中の-がんコミュニティのためのヨガ:「実践者の集い」について、内容を一部ご紹介いたします。

がんの生存確率は確実に上昇傾向にあり、ヨガは、治療中の患者、そして治療を終えたサバイバーにQOLというサポートを提供できる、支援療法です。
需要に導かれ、北米のみならず、全世界中で、がんとヨガに特化したヨガセラピストたちが活躍を始めています。

プロフェッショナルとしての活動を開始したヨガセラピスト達は、ヨガセラピーという古くて新しい、そして優しい手法を、既存の治療を支援するという意味合いで応用することができることでしょう。
それに伴い、IAYTは、これらの新しい治療支援モデルに根拠を与える研究を随時アップデートし、変化の激しい医療業界において、市民の健康と幸福に関する方法論として確立していくことを目指していきます。

今回のカンファレンスにおいて、様々なヨガセラピスト達の実績や、経験を全世界からの参加者と共有し、必要とされるテクニック、安全のためのスキル、そしてがんとヨガという領域における共通認識をさらに発展させていく、それが今回のCIC( コモンインレストコミュニティ:Common Interest Community)の目的です。

私たちはこのCICを通じ、お互いに閃きや発見、そしてがんという深刻なテーマにおける思慮を、国境を越えて共有し、これから私たちが社会に提案していけるテーマや問題点を議論できる、専門性の高い貴重な機会です。

ヨガの語源は、つながる、結ぶ。

がんという人類が避けられない疾病に対し、考えられうる最善の未来への知恵皆で提案しあい、各国の事情において実現可能なプロジェクトとして取り組んで消える土壌として、本コミュニティは開催されます。

【演題】

Lara Benusis, MA, C-IAYT, E-RYT 500
がんと診断された方の運動神経刺激の低下にヨガができること

Sharon Holly, C-IAYT, YTRx-800c
がんサバイバーへのセラピーを通じた気づき

Lee Majewski, MA, C-IAYT
ヨガセラピーが、がん治療後のケアに貢献できる可能性について

Erin Meyer, PhD, E-RYT, YACEP
地域に根ざしたヨガセラピー(対象:がんサバイバーとその家族)による持続可能な革新的なモデル

Simone Palmieri, RYT 500, C-IAYT
あなたのサバイバーが記憶障害を抱えた時:どうやって記しそれを記録するか

Michelle Smith, MS Yoga Therapy, C-IAYT, E-RYT
がんのホスピスにおけるヨガセラピー

(CICシラバスより:翻訳:岡部)