HOME > メディカルヨガ情報 > 【協会外主催 講習等】の記事
【協会外主催 講習等】の記事

がんコミュニティのためのヨガ at SYTAR 2017

2017年06月19日

世界最大のヨガセラピーカンファレンスSYTAR2017、今年もロサンゼルスニューポートビーチで始まりました。
初日は毎回、CICと呼ばれる、Common Interest Community から始まります。

6つのセッションについてはこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/course/1411/

その中の-がんコミュニティのためのヨガ:「実践者の集い」について、内容を一部ご紹介いたします。

がんの生存確率は確実に上昇傾向にあり、ヨガは、治療中の患者、そして治療を終えたサバイバーにQOLというサポートを提供できる、支援療法です。
需要に導かれ、北米のみならず、全世界中で、がんとヨガに特化したヨガセラピストたちが活躍を始めています。

プロフェッショナルとしての活動を開始したヨガセラピスト達は、ヨガセラピーという古くて新しい、そして優しい手法を、既存の治療を支援するという意味合いで応用することができることでしょう。
それに伴い、IAYTは、これらの新しい治療支援モデルに根拠を与える研究を随時アップデートし、変化の激しい医療業界において、市民の健康と幸福に関する方法論として確立していくことを目指していきます。

今回のカンファレンスにおいて、様々なヨガセラピスト達の実績や、経験を全世界からの参加者と共有し、必要とされるテクニック、安全のためのスキル、そしてがんとヨガという領域における共通認識をさらに発展させていく、それが今回のCIC( コモンインレストコミュニティ:Common Interest Community)の目的です。

私たちはこのCICを通じ、お互いに閃きや発見、そしてがんという深刻なテーマにおける思慮を、国境を越えて共有し、これから私たちが社会に提案していけるテーマや問題点を議論できる、専門性の高い貴重な機会です。

ヨガの語源は、つながる、結ぶ。

がんという人類が避けられない疾病に対し、考えられうる最善の未来への知恵皆で提案しあい、各国の事情において実現可能なプロジェクトとして取り組んで消える土壌として、本コミュニティは開催されます。

【演題】

Lara Benusis, MA, C-IAYT, E-RYT 500
がんと診断された方の運動神経刺激の低下にヨガができること

Sharon Holly, C-IAYT, YTRx-800c
がんサバイバーへのセラピーを通じた気づき

Lee Majewski, MA, C-IAYT
ヨガセラピーが、がん治療後のケアに貢献できる可能性について

Erin Meyer, PhD, E-RYT, YACEP
地域に根ざしたヨガセラピー(対象:がんサバイバーとその家族)による持続可能な革新的なモデル

Simone Palmieri, RYT 500, C-IAYT
あなたのサバイバーが記憶障害を抱えた時:どうやって記しそれを記録するか

Michelle Smith, MS Yoga Therapy, C-IAYT, E-RYT
がんのホスピスにおけるヨガセラピー

(CICシラバスより:翻訳:岡部)

マインドフルネスを知ろう:川野泰周先生

2017年06月5日

慶應丸の内シティキャンパス(慶應MCC)・夕学五十講のリレーブログより、協会メディカルサポーターの川野泰周先生の講義でのマインドフルネスについてのお話がとてもわかりやすくまとめられています。

ブログより一文を抜粋し、ご紹介させていただきます。

「失敗や欠点に気づいた時、生じた心の苦しみ以上に人は失敗そのものに注目して、自分を責めたり苦しんでしまいがちだが、「今感じている苦しみに気づく」ことこそが自分への慈しみの念を持つきっかけになるという点だ。」

マインドフルネスについて、理解を深めたいと思っている方、ぜひご一読をお勧めいたします。

http://www.keiomcc.net/sekigaku-blog/2017/05/_22.html

協会では、川野先生を講師にお迎えし、マインドフルネス講座を開催いたします。(日程はこちら

マインドフルネスストレス低減法のトレーニングプログラムに基づく講座

2017年05月24日

2017年7月、カリフォルニア大学の講師をお招きし、マインドフルネスの講座が開催されます。

マインドフルネスストレス低減法のトレーニングプログラムに基づく
Navigating Life’s Challenges (NLC-人生の波をナビゲートする) 5日間コース

詳細はこちらをご覧ください。
http://bya.co.jp/archives/10146

(注)協会主催の講座ではございません。お申し込みは直接上記リンクよりお願いいたします。

当協会メディカルサポーター川野泰周先生からのメッセージです。

私が日ごろ大切にしている、禅やブッダの教えと精神医学を包含したマインドフルネスのお話は、私なりの一つの捉え方であり、それとは別に欧米で実践されているMBSRやMBCT、MSCという綿密にデザインされた手法を学ぶ機会もまた、とても有意義な体験となるはずです。
色々な形でマインドフルネスを体験されたのち、その根底に流れる自己への気づきと、自他ともに向けられる慈悲の心が、どのメソッドにおいても同じく大切であることを知っていただくことにこそ、大きな意味があると感じております。

メディカルサポーター駒野先生によるブレインフィットネスリトリート

2017年04月19日

7月15日、16日、田沢湖のホテルにて、
「健やかにすこすためのコーチング」「マインドフルヨガ」のリトリートが開催されます。
当協会のメディカルサポーターであり、脳科学の専門家である岩手医科大学の駒野宏人先生が講師です。
初夏の田沢湖で、幸せづくりの脳科学を学んでみませんか。

お申し込みは上記パンフレットをご覧ください。

(協会へのお問い合わせ、お申し込みは承っておりません。ご了承ください)

ヨガセラピーシンポジウムSYTAR2017【Day4】6月18日(日) のプログラム

2017年03月26日
7:00 – 8:00 AM モーニングプラクティス(MPF) セッション 下記より一つ選択

MPSU01 -ヨガセラピスト向けのヨガ(Megan McCarver, MA, C-IAYT, E-RYT 500)
MPSU02 -バランスよく今日を始めよう(Ginger Hooven, AP (MA-Ayur), E-RYT 500, YT, C-IAYT)
MPSU03 -自分の体と仲良くしよう
(Sarah Greco, Phoenix Rising Yoga Therapy Faculty)
MPSU04 -アイソメトリックヨガで、心身を整えよう
(Masayo Kaneko, 
 RN, Yoga Therapist )
MPSU05 – しかばねのポーズ:決して悪いものではない(Jennifer Taylor, MSW)

6:30 – 9:00 AM 朝食(各自)

9:00 AM – 1:00 PM展示会 オープン 

プログラム共通 9:30 – 9:45 AM お祈り
9:45 – 10:15 AMv講演:西洋社会におけるヨガセラピー:  ヨガの哲学と統合医療モデルを結びつけて(Amy Wheeler, PhD, IAYT Board Member | Secretary)
10:15 – 10:20 AM 休憩
10:20 – 11:20 AM 基調講演:私たちの体の中にテーマがある(Nikki Myers, C-IAYT, E-RYT 500, MBA)
11:20 – 11:30 AM 閉会の辞

12:00 – 1:00 PM 昼食(各自)

カンファレンス参加ツアーの詳細はこちらをご覧ください。
http://yoga-medical.org/news/1383/