HOME > 《医療への導入に向けて》事例情報 > タブーをタブーにするルール作り《未来の風せいわ病院でのヨガ》

タブーをタブーにするルール作り《未来の風せいわ病院でのヨガ》

2017年12月18日

【未来の風せいわ病院 2014年6月〜】紺野 真理子 先生

《導入》

ヨガを実施するにあたり、安心できる環境を作りたかったので、タブーをタブーにするルールを作りました。たとえば、眠くなったら、寝てもいい。やめたくなったら、やめてもいい。話したくなったら、話してもいい。動きたくなったら、動いてもいい。タブーの禁止 は、ヨガをはじめる前に、参加者の緊張感をほぐす見えないヨガであり、感じること”を 素直に表現できる ”環境作り” につながります。

また、アンケートをとり、講師の経験やスキルとは関係なく、参加者の感じたこと を中心にプログラムを作成するように常に改正しています。

《流れ》

ヨガクラスをはじめる前に、ヨガが生まれたバックグランドや哲学についてもお話します。ヨガが運動的要素だけではなく、ライフスタイルに密着した健康法であることを知っていただくためです。また、実施する内容は、常おおきく変化させず、ヨガの動きを覚えてもえるようシンプルに。シンプルにすることで、回数を重ねるごと、講師の声でのアナウンスが減り、動きそのものに集中できるようになりました。また、動きを覚えていただく目的として、動き以上に、”感じること=感性”を意識できるメリットがあります、併せて、できるだけ、体の変化を言葉にしてアナウンスしています。

たとえば、”手のひらの血の流れ” を。”片腕の重さ” を。”回復していく感覚”を”足と腰のつながり”を感じますか?というように。この”感性の復活”をうながすアナウンスは、ヨガの可能性をひろげていると確信するようになりました。それは参加者のアンケートからもわかるのですが、

マッサージされたみたいに 気持ちよかった、
はげしく動かないのに、体があたたまった疲れがとれた気がする
お腹がすき、トイレにいきたくなった、
足の痛みがよくなった、
腰や肩が楽になった、

など、ヨガを通し、”感じること”で、体に意識が向き、自分のここちよさにピントがあい、”回復感”を感じるケースは、”セルフヘルプ”としてのヨガの可能性と、多様性を示しているのではないでしょうか。

また、日常にあるものを道具として利用したリストラティブヨガを紹介し、ヨガをより身近に感じていただけるきっかけになりました。せいわ病院では、アロマセラピーに対して、不快に感じる方がいたのでヨガの時間 には使用しておらず、アロマセラピーのプログラムは別に設け実施しています。

2年におけるメディカルヨガの実施は、現在も継続中で 利用されている方も増加しました。参加者の人数は、椅子ヨガ約5人程度、ヨガ約15人で利用者さんは、流動的ですが、参加人数は安定しています。
できるだけ定期的に開催することで、参加者のニーズや体調にマッチングできると感じています。より多くの方にヨガを通じ、ここちよさを体験していただけるよう続けていきたいと考えています。

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac-5

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac1

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac2

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac3

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac4

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac6

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac7

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac8

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac9

%e3%81%9b%e3%81%84%e3%82%8f%e3%81%ae%e9%a2%a8%e7%97%85%e9%99%a2%e3%83%a1%e3%83%87%e3%82%a3%e3%82%ab%e3%83%ab%e3%83%a8%e3%82%ac10