HOME > メディカルヨガ情報 > アメリカ デューク大学医療センターでのヨガクラス

アメリカ デューク大学医療センターでのヨガクラス

2018年04月4日

日本の先を行くアメリカの医療とヨガ。

先日ご家族と共にアメリカに赴任されたヨガセラピストの方より、こんなお便りをいただきました。
ノースカロライナ州の街のフリーペーパーに病院のヨガクラスの案内が載っているとのこと。
それはアメリカで統合医療の最先端を行くデューク大学医療センター統合医療部(Duke Integrative Medicine) でのヨガやマインドフルネスのクラスの案内でした。


ヨガだけでなく、マインドフルネスのクラスもあります。
がん患者さん向けのヨガクラスもあります。
グループクラスのドロップインでも、10ドル(約1300円ぐらい)
パーソナルセッションだと、15000円ぐらいのようです。

近年、アメリカ人の間で、鍼灸,漢方薬,指圧,気功,マッサージ,ヨガ,カイロプラクティックなど,西洋医学の範疇に属さない代替療法に興味を持つ人は多く、成人の半分以上が一度は何かしらの療法を受けたことがあると言います。

そんな中、全米でもトップクラスの大学病院、デューク大学(Duke University)では、患者の病気を身体と精神、生活なども含め総合的に見直すことを目的とした統合診療部を開設しました。
韓国からの援助を受けた鍼のクリニックは連日多くの患者さんで賑わっているとのことです。

代替医療のことを米国ではCAM(Complementary and Alternative Medicine)と言います。
アメリカ人のCAMに対する関心は大変深く、米国のNIH(National Institute of Health)でCAMの臨床研究および基礎研究を精力的にサポートしていこうという方針が決定され,1998年にNCCAM(National Center for Complementary and Alternative Medicine)という部署が設立されたほどです。設立された当時の予算は5000万ドル(60億円)だったのですが,それが毎年増額され,現在は名称はNCCIH に変わり、2017年の予算は1億3000万ドルです。
さらには全米15の大学においてそれぞれのCAMセンターが創設され、薬物依存や、関節炎、心疾患など専門的な研究が始められました。
これまで神秘的とされてきたCAMのメカニズムが、科学によって証明されつつあるのです。

近い将来、日本でも、かかりつけの病院に行けば、ヨガクラスがある、マインドフルネスのクラスを受けられる、癒しを与えてもらえる場所、セラピストがいる、そんな医療現場が増えていくことを願って止みません。

今後も日本ヨガメディカル協会は、社会におけるその仕組み作りの役割を担っていく所存でございます。

写真提供:後藤恵美さん