HOME > メディカルヨガ情報 > 事例紹介:<茨城県・袋田病院でのヨガ教室>

事例紹介:<茨城県・袋田病院でのヨガ教室>

2017年04月8日

私は袋田病院(精神科)に看護師として勤めています。私がヨガを始め、心と体のバランスが整うようになり、ヨガの効果を実感しました。私達は母親、父親、妻、夫、子供、学校や地域の関わりなどで色々な役割があり、ストレスを抱えている方が多いと思います。

病院では、イライラする、眠れない、便秘を訴える患者さんは多く、薬に頼る姿が見られました。ヨガで少しでも患者さんの心と体が楽になればいいなと考えていた時、一人の患者さんから「ヨガを教えてほしい」という言葉を頂き、院内でヨガ教室が始まりました。参加人数は7人程度で、週に1回行っており、今では1年4か月が経ちました。

ヨガ教室中にアロマを活用することで、深い呼吸を促し、いい香りに患者さんは癒されているようです。緊張や不安を抱えている患者さんからも、ゆっくり呼吸をしながら体を動かすことで「スッキリした」「追加薬をもらわなくても眠れた」「自分がいつも体に力が入っていることに気づいた」という感想を頂けます。ヨガを終えた後の患者さんの表情は明るく、自分の気づきができるようになりました。

私はヨガの時間は、『何の役割もない自分を感じ、そして自分を大切にすること』を大事にしてほしいと思っています。
患者さん達が薬の力だけではなく、本来持っている力を取り戻し、少しずつ前向きになり、回復に向かってくれたらと願っています。

              袋田病院 看護師 深谷晴美