HOME > メディカルヨガ情報 > ヨガセラピストの本棚「やってはいけないヨガ」石井正則先生

ヨガセラピストの本棚「やってはいけないヨガ」石井正則先生

2017年12月27日

当協会の石井正則理事からの安全なヨガ普及へのメッセージ「やってはいけないヨガ」が青春出版社より出版されました。JCHO(東京メディカルセンター)の耳鼻咽喉科診療部長である石井正則医師は、ライフワークとしてヨガの健康的な普及活動に積極的にあたられています。そして、メディカルヨガについてこのようにご紹介してくださっています。

「米国の大きな病院では、患者さんやその家族の方に、体にやさしいヨガを指導することが増えています。これをメディカルヨガといいます。」

そして、ヨガの本質を次のように説明され、その上で、なぜヨガが健康によいかを医師ならではの明快な語り口で説明されています。

「ヨガとは全ての人を敬い、全ての人を大切にするということなのです。」
「ヨガとは誰かに強要されるものではありません。ヨガとは心の在り方を自分で考え自分で行うものです。」

特に、Part 5 の「正しいやり方をすると出てくる効果」としての各症例別アプローチは、多くの方々が待ち望んでいたセラピーとしての根拠ではないでしょうか。

先生自らヨガに取り組まれ、「現代医学では限界があると痛感した結果、医師としても今までの自分とは全く違う診療・治療をするようになりました。」とおっしゃっています。

ヨガセラピストを目指す方々にとって、安全なヨガを伝えるためのポイントを理解し、自分の言葉で伝えるための必読の一冊と言えましょう。

下記リンク(Amazon)よりご購入(定価:1,490円) いただけます。

文責:岡部 朋子