HOME > メディカルヨガ情報 > ヨガセラピストの本棚: みんなのZEN (BRUTUS /マガジンハウス)

ヨガセラピストの本棚: みんなのZEN (BRUTUS /マガジンハウス)

2017年04月17日

「「ヨガ」と「禅」の違いって何ですか?」
もしもこんな質問をされたら、皆さんは何と答えますか?

日本人の私たちには、さほど違和感もなく昔から知っているような気がする「禅」の世界。
でも実際に、「禅とは何?」と問われると、答えらえる人はほとんどいないのではないでしょうか。

アップル創業者のスティーブ・ジョブズが「禅」を実践していたという話は有名な話ですね。
ジャズピアニストのビル・エヴァンスも「禅」に深く傾倒していたと言います。
映画監督のジョージ・ルーカスに至っては、禅の世界を映画に投影しています。
あの有名な映画「スター・ウォーズ」シリーズです。
マスター・ヨーダはかなりの禅の達人と思われます。

数年前から海外で静かなブームとなり注目を浴び続けている「禅」。
その「禅」が雑誌「BRUTUS」で特集されました。
タイトルはずばり「みんなの禅」

最近よく耳にする「禅」というものを実際にやってみましたよというレポから始まり
「禅」と「マインドフルネス」の境界線について語られていたり
デザインに見る「禅」や身近にある「禅」について触れてみたり
さらには禅そのものの歴史を掘り下げてみたり、アメリカの「禅」のことも書かれています。

ヨガが日常にちりばめられているように、「禅」もまた、日常であり哲学であり心の在り方であり生き様そのものなのです。
ヨガ、禅、瞑想、メディテーション、マインドフルネス
茶道、華道、武道、太極拳
ウォーキング、整理整頓、料理、編み物、サーフィンなどなど…。
自分にとって、それがイライラ、ザワザワ、モヤモヤをひとやすみさせてくれるなら、
なんでも「禅」になるのです。全てが「ヨガ」になるのです。

私事ではありますが・・・、幼少期によく見ていたテレビ漫画「一休さん」のお約束のあのセリフ。
子供の頃は何の気なく真似て言ったりしていましたが、今思えば大変深い言葉だったんですね。
大人になった今、私の座右の銘でもあります。
「あわてないあわてない。ひとやすみひとやすみ。」
脳を休めること、思考を止めることが、どれだけ心の安定を生み、素晴らしい閃きに繋がるのか。
身を以て知るのに40年かかりました。
ちなみにアニメ「一休さん」についても、こちらの雑誌には書かれています。

ヨガセラピストとして知っておくべき「禅」の世界。
是非、ご一読ください。

(文責:石井及子)